ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

監修者 : 上田 悠理

医師(形成外科医・在宅訪問診療医) ヘルステックプロモーター

在宅クリニック院⻑として高齢者の褥瘡管理を中心に常に150名以上の高齢者ケアに携わる。 臨床を継続する傍ら、ビジネスと医療をつなぐ翻訳家、ヘルステックプロモーターとして活動。 2…もっとみる

にんにくを食べると違和感…?その理由はアレルギー?

にんにくをたっぷり使った料理を食べたとき、口の中がピリピリしたり、お腹が痛くなったりしたら要注意。もしかするとアレルギーの症状かもしれません。

食べる機会の多い食材だからこそ気を付けたい「にんにくアレルギー」。

その原因や症状、対処法について医師の上田悠理先生に教えていただきました。

にんにくを食べると感じる違和感は「食物アレルギー」の可能性が

にんにくは、食物アレルギーの原因となることがある食材です。

にんにくに含まれるたんぱく質(アレルゲン)に対し、体に備わっている免疫が過剰に反応してしまうことで、アレルギーの諸症状が起こります。

にんにくアレルギーの症状として考えられるのは、
・口のまわりや喉のかゆみ
・息苦しさ
・蕁麻疹
・唇やまぶたの腫れ
・下痢や嘔吐 など

上記を見てもわかるように多種多様です。重度の場合は、呼吸困難や意識障害など、いわゆるアナフィラキシーを起こすこともあります。

にんにくを食べたときに何らかの違和感を感じたら、アレルギーを発症している可能性があります。おかしいと思ったらすぐに摂取を中止してください。

にんにくの「におい成分」が原因の可能性も

にんにくやねぎに含まれるにおいや辛味の成分が原因で、下痢や腹痛など食中毒のような症状をきたすことがあります。

腹痛の原因となる代表的な成分は、硫化プロピルや二硫化アリル(ジアリルジスルフィド)など。二硫化アリルは、にんにく特有のにおいのもとであるアリシンが分解され生成されたものです。

硫化プロピルや二硫化アリルは、優れた抗菌・殺菌作用を持っている一方で、胃腸にとっては刺激が強すぎることも。これらの成分に対する分解酵素の作用がもともと弱い体質の人もいて、にんにくを食べ過ぎるとお腹が痛くなることがあります

硫化プロピルは加熱することで分解されますが、二硫化アリルは加熱しても成分が変性しません。つまり、二硫化アリルに反応してしまう人は、しっかり加熱したにんにくでも症状が出てしまう場合があります。

にんにくを食べると起こるアレルギー症状

にんにくによって引き起こされる可能性のあるアレルギー症状は次の通りです。

にんにくアレルギーの主な症状は、
・口の中や喉奥、唇などに生じるかゆみやチクチク、イガイガ感などの違和感
・かゆみをともなう蕁麻疹や湿疹が出る
・息苦しさや呼吸のしづらさを感じる など

また、胃や腸にも浮腫(むくみ)が生じると、腹痛や吐き気などの症状があらわれます。下痢や嘔吐もアレルギー症状のひとつです。

にんにくを食べてお腹の調子が悪くなるのは、にんにくに含まれる二硫化アリルなどの刺激の強い物質が原因のこともあります。

「アナフィラキシーショック」が起こる可能性も

アナフィラキシーショックは、ショック症状をともなう重篤なアレルギー反応のことです。

多くの場合はアレルゲンを摂取した直後から数時間以内に、急激に血圧が低下したり、意識を失ったりしてショック状態に陥ります。すぐに対処しないと命にかかわる場合がある危険な状態です。

アナフィラキシーショックは、たまごや甲殻類など身近な食材が原因で起こり得ます。にんにくは、数ある食材の中で特別アナフィラキシーショックを起こしやすい食べ物とは言えないものの、注意しておくべき食材です。

にんにくを食べてアレルギー症状が出た場合の対処法

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ