ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

みんな大好き!チーズとカレーの野菜たっぷり鍋

Photo by Nobuyoshi Miyamoto

鍋の季節がやってきました!準備がラクで、野菜がたくさん摂れて、身体も温まるお鍋は、秋から冬にかけて大活躍です。そこで「匠のおうちレシピ」では、11月の特集テーマ「おいしい発酵食」に合わせて、身近な発酵食材を使った鍋レシピを紹介します。


先週に引き続き「日本橋ゆかり」の野永喜三夫さんが、自宅キッチンにある調味料を使って、手軽かつ経済的に作れる鍋つゆを紹介してくれます!

Photo by Nobuyoshi Miyamoto

日本橋ゆかり/野永喜三夫さん 宮内庁への出入りを許された老舗日本料理店の三代目。「露庵 菊乃井」での修行を経て、「日本橋ゆかり」で確かな技術と独特の感性を生かした日本食を提供している。2002年「料理の鉄人JAPAN CUP 2002」で総合優勝。米国のメディアで日本を代表する料理人として選出されるなど、世界からも注目されている
今回紹介いただくのは「チーズカレー鍋」。腸内環境の改善に期待が持てる乳酸菌豊富なチーズに、新陳代謝を高め、疲労回復させるともいわれるスパイスたっぷりのカレーをコラボしました。野永さん考案のカレーうどん用のスープが、つゆのベースになっているそうですよ。

「自宅でカレーうどんを食べるときは、お蕎麦屋さん風のスープを自作しています。今回はそのスープの黄金比率を生かして、鍋のつゆにアレンジしました。使うのは市販のカレールーとめんつゆなので、味も決まりやすいです。

今回の〆は食パン。もちろんごはんやうどんなども合いますが、若い方や外国の方にお鍋の魅力を知っていただくためには、新しいチャレンジも大切だと思います。オニオングラタンスープみたいな仕上がりになりますよ!」

さあ、発酵食品とスパイスのコラボ鍋を作っていきましょう!
前回の記事はこちら▼

材料(2〜4人分)

Photo by Nobuyoshi Miyamoto

調理時間:15分(※煮込む時間は除く)

・牛バラ肉……200g
・牛ひき肉……150g
・キャベツ……1/2個(800g)
・にんじん……1/2本(200g)
・じゃがいも……1個(200g)
・玉ねぎ……1個(350g)
・ブロッコリー……1本(100g)
・とろけるチーズ……100g
・食パン……1枚
・卵……2個

〈つゆ〉
・カレールー……30g+30g(別メーカーのカレールー2種類)
・めんつゆ(2倍もしくは3倍濃縮)……150cc
・水……800cc

下準備

・メークインの皮をむき、水にしばらくさらす
・食パンを軽くトーストし、6等分する
・カレールーを細かく刻む

作り方

1. キャベツを切る

Photo by Nobuyoshi Miyamoto

キャベツの芯を三角に切り出します。

Photo by Nobuyoshi Miyamoto

キャベツを1cm幅のくし切りにします。

2. 玉ねぎを薄切りする

Photo by Nobuyoshi Miyamoto

玉ねぎの芯を三角に切り出します。

Photo by Nobuyoshi Miyamoto

玉ねぎを2等分し、繊維を絶つようにして2mm幅の薄切りにします。

「早く火を通したいので、火が通りにくい食材は薄く切ります。私は包丁を使いますが、スライサーを使ってもいいですよ」

3. じゃがいもを薄切りする

Photo by Nobuyoshi Miyamoto

じゃがいもを1〜2mmの薄切りにします。ひと切れひと切れの大きさがそろうように、斜めに薄切りしていきます。

「シャキシャキした食感が残るように煮崩れしにくいメークインを使ってください」

編集部のおすすめ