ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

シメまで楽しめる!トマトだしの牛すき焼き

10月の毎週金曜日連載「秋のごはん泥棒レシピ」では、ごはんに合うさまざまな一品料理を、新進気鋭のシェフに紹介してもらいます。

第五回は、「トマトだしの牛すき焼き」。

レシピを教えてくれたのは、東京 渋谷の「Bistro Rojiura(ビストロ ロジウラ)」の鈴木シェフです。

Photo by keiji okazaki

渋谷「Bistro Rojiura」/鈴木 研シェフ 学生時代、飲食店のアルバイトで食の楽しさに目覚め、料理の道へ。調理師学校卒業後、地元の静岡、東京、和歌山などさまざまなお店で、仕入れから調理まで担当し、素材の選び方から特徴を生かした調理法まで深く学ぶ。昔からファンだったという「Bistro Rojiura」で、2020年3月からシェフを務めている。イタリアンやフレンチをベースにした野菜メインの料理が得意

Photo by keiji okazaki

「トマトだしで食べる、すき焼きのアレンジです。トマトは火を入れると、甘みが増してコク深くなり、良いだしが出ます。

すき焼きを楽しんだあと、つけだれにした卵をごはんにかけてシメるのもおすすめ。牛肉とトマトの旨味が染み込んだ、贅沢な卵かけごはんが楽しめますよ」

前回の記事はこちら▼

材料(1〜2人前)

Photo by keiji okazaki

画像の分量はおおよそです
牛ロース肉(薄切り)……400g
フルーツトマト……4~6個
卵……2個
七味唐辛子……適量

〈割り下〉
みりん……200cc
酒……50cc
しょうゆ……75cc
※みりん:酒:しょうゆ=4:1:1.5

作り方(5ステップ)

1. 材料を火にかけて、割り下を作る

Photo by keiji okazaki

鍋にみりん、酒を入れ、火にかけて沸騰させ、アルコール分を飛ばします。その後しょうゆを加えてひと煮立ちさせれば、割り下の完成です。

「しょうゆは火にかけ過ぎると風味が飛んでしまうので、最後に入れましょう」

2. トマトを4等分にカットする

Photo by keiji okazaki

トマトはヘタを取り、皮付きのまま4等分にカットします。

「普通のトマトより、甘さがあってジューシーなフルーツトマトがおすすめです」

3. 割り下にトマトを入れ、ひと煮立ちさせる

Photo by keiji okazaki

鍋に割り下を1〜2cmほど注ぎ、トマトを入れてひと煮立ちさせます。

4. トマトに火が入ったら、牛肉を入れる

Photo by keiji okazaki

トマトに火が入って形が少し崩れてきたら、牛肉を一枚ずつ広げながら入れます。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ