ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

ピリ辛でごはんが進む!コンビーフの冷やし麻婆茄子

10月の毎週金曜日連載「秋のごはん泥棒レシピ」では、ごはんに合うさまざまな一品料理を、新進気鋭のシェフに紹介してもらいます。

第四回は、「コンビーフの冷やし麻婆茄子」。

レシピを教えてくれたのは、東京 渋谷の「Bistro Rojiura(ビストロ ロジウラ)」の鈴木シェフです。

Photo by keiji okazaki

渋谷「Bistro Rojiura」/鈴木 研シェフ 学生時代、飲食店のアルバイトで食の楽しさに目覚め、料理の道へ。調理師学校卒業後、地元の静岡、東京、和歌山などさまざまなお店で、仕入れから調理まで担当し、素材の選び方から特徴を生かした調理法まで深く学ぶ。昔からファンだったという「Bistro Rojiura」で、2020年3月からシェフを務めている。イタリアンやフレンチをベースにした野菜メインの料理が得意

Photo by keiji okazaki

「いわゆるお浸しの中華バージョンですね。なすにたれを染み込ませて、ごはんによく合うようにしました。

味のポイントは、コンビーフ。ひき肉よりも旨味が強くて、いつもと少し違った味わいが感じられると思います。家にコンビーフの缶詰があるけれど、そのまま食べる以外のアイデアがない……と困っている方にもおすすめですよ」

前回の記事はこちら▼

材料(1〜2人前)

Photo by keiji okazaki

画像の分量はおおよそです
なす……2本
赤パプリカ……1/4個
長ねぎ……1/2本(みじん切り)、適量(仕上げ用の白髪ねぎ)
にんにくの芽……2本
コンビーフ……80g
合わせみそ……大さじ1杯
豆板醤……大さじ1杯
黒すりごま……適量
ラー油……大さじ2杯
ごま油……大さじ1杯
揚げ油……適量

〈合わせ調味料〉
鶏ガラスープ……1カップ(200cc)
オイスターソース……大さじ1杯
砂糖……大さじ1杯
しょうゆ……大さじ1杯
酢……大さじ1/2杯

作り方(5ステップ)

1. なすを切って、素揚げする

Photo by keiji okazaki

なすはヘタを切り、皮と身が交互になるようにピーラーで縦に皮をむきます。さらに、2cm幅の輪切りにしましょう。

Photo by keiji okazaki

180℃程度の油で、表面に色がつくくらいまで素揚げします。

2. 赤パプリカ、にんにくの芽をカットする

Photo by keiji okazaki

赤パプリカはヘタと種を除き1cm角に、にんにくの芽は5mm幅の小口切りにカットします。長ねぎもみじん切りにしておきましょう。

3. カットした食材とコンビーフを炒める

Photo by keiji okazaki

ごま油を熱したフライパンに、合わせみそ、豆板醤を入れて軽く炒めます。

Photo by keiji okazaki

香りが立ってきたら、2でカットした食材とコンビーフを加えて、ほぐしながらさらに炒めましょう。

4. 合わせ調味料と、なすを加えて煮立たせる

Photo by keiji okazaki

合わせ調味料と、1で素揚げしたなすを加えて、軽く煮詰めます。

Photo by keiji okazaki

数分煮詰めたら保存容器に移し、粗熱が取れたら冷蔵庫に入れておきます。

「味が染み込むように、最低2〜3時間くらい漬けておくのがおすすめです」

編集部のおすすめ