ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

野菜たっぷりの作り置きスープを2つの料理にリメイク!

Photo by あんりちこ

気温が下がり、温かいスープが食卓に欠かせない季節になってきました。ただスープを作るのもいいですが、せっかくなら別の料理にリメイクできる万能スープで料理をラクにしませんか?この記事では、カレーやオムレツにリメイクできる野菜たっぷりのスープレシピをご紹介します。

教えてくれた人

料理家/渡邊敦子さん
京都祇園生まれ。日本で長年学んだ茶懐石料理とフランスでの10年の滞在の中で学んだフランス料理を軸にした料理教室&絵画教室カンティーヌロゼット主宰。(現在登録生数560名)京都のなかでも予約の取れない料理教室として話題。食の寺子屋、自学自炊コミュニティnalbaでの料理の総監修も進行中。
「京都の料理に欠かせない“だし”は、かつおではなく昆布だしを使用するのが基本。今回ご紹介するスープも、昆布の風味と野菜の甘みを引き出したやさしい風味のひと品です。

リメイク料理にしょうゆを使用する際は、昆布だしの香りを壊さない”淡口醤油“を使いましょう。砂糖は“甘酒”で代用すると“はんなり”とした京都風の甘さを楽しむことができますよ」

1. 根菜たっぷり!基本の野菜スープ

Photo by あんりちこ

調理時間:50分(※野菜をもみこむ時間は除く)

「冬に旬を迎える根菜をたくさん使ったシンプルなスープです。簡単に作れますが、たくさん作っておけばいろんな料理にリメイクが可能!食物繊維が豊富なのでデトックス効果も期待できますよ。食べ応え満点で、食べすぎ防止にも役立ちます」

材料(作りやすい分量)

・しょうが(薄切り)……3.4枚(5g)
・大根……600g
・にんじん……200g
・ごぼう……100g
・れんこん……100g
・しいたけ……4枚
・かぼちゃ……200g
・塩麹……野菜の重量の1割
・だし昆布(5cm×5cm)……1枚
・水……適量

下ごしらえ

・しょうがは薄切りから細い千切りにする
・大根、にんじん、かぼちゃは皮を剥いて細い千切りにする
・ごぼうは泥をよく落として洗い、千切りにして軽く水にさらす
・れんこんは皮を剥き、5mm角くらいに切り軽く水にさらす
・しいたけは石づきを取り除き、足と傘に分けて千切りにする

作り方

1. 野菜をすべて鍋に入れて重量を量り、野菜全重量の1割の重さの塩麹を混ぜて手でよく野菜にもみ込む。30分程度そのまま置いておく(前日にやっておいてもOK)

2. 1にだし昆布と水をひたひたよりも少し多めに注ぎ、蓋をして強火にかける

3. 沸騰したらとろ火に落とし、5分経ったらだし昆布を取り出す

4. そのまま野菜がやわらかくとろとろになるまで30分ほど火にかける
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ