材料(2人分)

Photo by 満畑ペチカ

調理時間:約30分

・ゆでうどん……2玉
・油揚げ……1枚
・鶏もも肉……60g
・かまぼこ(赤)……40g
・長ねぎ……20g
・卵……2個
・だし汁……500cc
・赤味噌(八丁味噌)……大さじ3杯
・砂糖……小さじ1杯

「この材料が愛知県で食べられている主な定番具材です。お好みできのこを入れてもOK。鍋はひとり用の土鍋だと使い勝手がいいですよ。4〜5人で食べる場合は、大きな土鍋で作って取り分けるスタイルでもいいですね」

下準備

・鶏もも肉は小さく切り、油揚げはさっとゆでて油抜きし短冊切りにする
・かまぼこは半月型の薄切り、長ねぎは斜め切りにする
・赤味噌と砂糖を混ぜておく

作り方

Photo by 満畑ペチカ

1. 土鍋にだし汁を入れて火にかけ沸騰させる

2. 混ぜ合わせた赤味噌と砂糖をだし汁に溶き、鶏もも肉と油揚げを入れて煮立てる

3. 煮立ったらうどんを加えて約5分ほど煮る

4. かまぼこと長ねぎをのせて卵を割り入れ、フタをしてひと煮立ちさせる

「うどんを入れてからの煮込み時間は5分が目安ですが、うどんによって火の入りが変わるので、煮込みすぎないように注意しましょう」

八丁味噌の旨味が体に染み渡る。本格味噌煮込みうどん

Photo by 満畑ペチカ

愛知県民に長年愛され続けている味噌煮込みうどん。おいしく手軽に作れるなら、自宅でほっこり温まりながら食べるのもいいですよね。

また、その料理の歴史を知ることで、材料へのこだわりや味わいの楽しみ方も変わるのではないでしょうか。つい誰かに教えたくなったり、食べて欲しくなったりするはずです。冷え込むこれからの季節に、本格味噌煮込みうどんをぜひ作ってみてください。
取材・文/内山 栞(macaroni 編集部)
関連記事はこちら▼
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ