ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

ネオ鮮魚店の店長直伝。さんまの正しい焼き方

秋の味覚といえばさんま。ふっくらとした焼きたてのジューシーなさんまは、食欲をそそります。今年は1尾の価格が高騰していることもありますし、せっかく食べるならおいしく焼きたいですよね。「いつもなんとなく焼いているけど、正しい焼き方はいまいちわからない」という方も多いのではないでしょうか。

そこで、“ネオ鮮魚店” と呼ばれる「sakana bacca(サカナバッカ)都立大学」の店長である岡田勇気さんに、プロならではのノウハウを教えてもらいました。

皮パリジューシー!さんまをおいしく焼く5つの鉄則

Photo by akiyon

「さんまは少しのコツを押さえるだけで、断然おいしく仕上がります。用意するのはさんまと塩と水だけ。内臓は取り除かないのでさばく必要もなく、初心者でも安心です。さんまはお腹に脂があるので、内臓は残しておいたほうがジューシーさを保てますよ」

1. 細かいうろこをとる

Photo by akiyon

「さんまの場合は見えづらいですが、うろこがあるので取ります。表面にいくつか点在している鮮やかな青色の部分ですね。ただ全体的に包丁を当てる必要はありません。よく注意して見てもらいたいのは、さんまの腹びれからお尻のあたり。包丁を軽く当てて、やさしくこそげ取ってください」

2. 海水よりも濃い塩水で洗って汚れをとる

Photo by akiyon

「まずは、さんまを水でよく洗います。水道水でもかまいませんが、理想は海水よりも少し濃度が高めの塩水で洗うのがよいですね。海水の濃度は3%、ですから水500mlに対して、塩は15g程度。それよりも少し多めに塩を入れてください。指で撫でるように洗いながら、残ったうろこも流していきましょう」

3. キッチンペーパーで水気とエラの血を取り除く

Photo by akiyon

「洗い終わったら、キッチンペーパーやふきんで水分を拭き取ります。頭のえらのところを押すと血が出るので、きれいに取り除いてください。染み出した血は、くさみの元になってしまいます」

4. 思いきってきつめに塩をふる

Photo by akiyon

「ここがおいしく焼くための最大のポイント!水気をとったら、全体的に塩をふります。個体にもよるので何gとはお伝えできないのですが、みなさんが思っている量の2〜3倍くらいでしょうか。思いきって多めにふりかけてください。きつめに塩をふることで、皮がパリッとして香ばしく焼き上がります
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ