ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

秋の味覚で作る手作りドライフルーツ

Photo by あんりちこ

秋はおいしい果物が増える時期。暑さが和らぎ少し涼しくなってきた今の季節はおうちでドライフルーツ作りに挑戦してみませんか?生の果物をドライフルーツにアレンジすることでよりおいしさを長持ちさせることができますよ。

この記事では、自由が丘のドライフルーツ専門店アラカルトのオーナー藤重さんに自宅で作れるドライフルーツの作り方を教えていただきました。

教えてくれた人

Photo by A LA CARTE

ドライフルーツのお店アラカルト オーナー/藤重明美さん 1年中手に入る輸入品ではなく、旬の果物を生かした国産の安全でおいしいドライフルーツを作りたいという思いからドライフルーツ業を始める。ドライフルーツのお店アラカルトで使用している果物はすべて農家から直送しているため、全国各地をめぐりおいしい果物の品種を見極めている。
「今回は家庭でも作りやすいレンジとオーブンを使用した方法をご紹介します。秋は夏や梅雨の時期と比べ空気が乾燥しているので、そこまで温度や湿度を気にする必要はありませんが、晴れて空気が乾燥している日の方が上手に作ることができますよ」

準備するもの

Photo by あんりちこ

・果物(今回はりんご、梨、柿を使用)
・キッチンペーパー
・シリカゲル(乾燥剤)

「水分の多い果物は乾燥に時間がかかってしまうので、家庭で作る場合は水分が少ないものを選ぶのがおすすめです。秋に旬を迎えるものだとりんごや梨、柿など。柑橘類やキウイも作りやすいですよ!

完成したドライフルーツを保管したい場合は100均などで購入できる乾燥剤を準備してください」

作り方

1. 果物をカットし、水気を切る

Photo by あんりちこ

りんご、梨はくし切りで16〜20等分に、柿も同じ厚みになるようカットしたら、キッチンペーパーで果物を挟み、水気を切ります。

2. 電子レンジ600Wで1分加熱する

Photo by あんりちこ

水気を拭いたキッチンペーパーで包んだまま、電子レンジ600w1分で加熱したら、ひっくり返してもう1分加熱します。果物から水気が出てくるので、キッチンペーパーを取り替えて水気を拭きます。この工程を2〜3回ほど繰り返します。

3. オーブンで加熱する

Photo by あんりちこ

キッチンペーパーを取り、オーブンを100℃に温め、焦げないように5分加熱したら、ひっくり返してさらに5分加熱します。この工程を2〜3回ほど繰り返します。

最後の加熱が終わったら、オーブンの中にそのまま1〜2時間放置します。冷蔵庫で半日ほど寝かせれば完成!

「最後に冷蔵庫で寝かせることで、よりパリッとした仕上がりになります。果物の水分量によって乾燥具合が異なるので、様子を見ながらレンジやオーブンの加熱回数を調整してみてくださいね。

早く乾燥させるためにオーブンの温度を上げてしまうと焦げてしまう可能性があるので、注意しましょう」
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ