ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

名店ぶたはげ直伝。おうち史上最高の豚丼

Photo by akiyon

北海道・帯広の名物グルメ、豚丼。豚肉のボリュームと甘辛くてコクのある味が魅力で、北海道のみならず全国各地で愛される料理です。

北海道出身である筆者も、そのひとり。よく家庭でも作っていたのですが、市販のたれを使ってみてもお店の味わいには遠く、ちょっと残念に思っていました。

そこで、北海道を代表する豚丼の名店、帯広はげ天グループ「豚丼のぶたはげ」の三代目、矢野整さんに作り方を教えてもらいました。

「豚丼誕生初期から仲間数人と豚丼を普及させたひとりが、私の祖父にあたる初代『帯広はげ天』の矢野省六。祖父は試行錯誤を重ね、豚丼のぶたはげの味の源となる豚丼のたれを作り上げました。

我々の命であるたれのレシピをお教えすることはできませんが、焼き方ひとつ変えるだけでも、おいしく仕上がりますよ」と矢野さん。

お店の味に近づけるための4つのポイント

Photo by akiyon

1. 豚肉はロース肉か肩ロース肉を使用

「推奨する豚肉の部位はロース、もしくは肩ロース。店舗では6~6.5mmのものを使用していますが、入手が困難な場合はなるべく近づける感じで問題ありません。お安めの豚肉を使うときは、むしろ少し薄めの方がいいですね」

2. たれは二度づけする

「店舗では1回しかたれをつけませんが、家庭で作る場合は二度づけするのがおすすめ。味がしっかりとついておいしく仕上がります」

3. なるべく網焼き、魚焼きグリルを使う

「フライパンでも作れますが、できれば網焼きを使って、しっかりと焼き目を作ることが肝心。家庭で作るならば、魚焼きグリルを使うとお店の味わいに近くなりますよ。一番の理想は炭焼きですが難易度が高いので、バーベキューをするときに挑戦するといいかもしれません」

4. たれをしっかり煮詰める

「たれがシャバシャバしているようでは、北海道の豚丼とは言えません!市販のたれを使う場合も自家製レシピで作る際も、たれはしっかりと煮詰めることが必要。焦げる一歩手前までグツグツ煮立てるように加熱すると、肉の焼き目以外からも芳ばしさを感じるおいしい豚丼になります」

編集部のおすすめ