ライター : macaroni 料理家 りなきっちん

管理栄養士

自他共に認める料理マニア。節約、時短、簡単のレシピに目がない。いつもの食材をいかにおいしく変身させるかばかり考えている。料理のことになると、しゃべりすぎる癖がたまにキズ。

第1回のテーマ:副菜の王様!ポテサラ

こんにちは!macaroni 料理家のりなきっきんです。これから毎月、私がこれだ!と思う、究極レシピを紹介していきます♪

初回は、ポテサラの作り方。じつは私、無類のポテサラ好きなんですが、みなさんはどんなポテサラが好きですか?

マヨネーズ多めがいいとか、じゃがいもがゴロゴロしたものが好きとか、それぞれ好みの味があるのではないでしょうか。もちろん、私もあります!

私の理想のポテサラとは?

Photo by macaroni

・芋感は残っているけれどクリーミー
・玉ねぎが辛くない
・温かいのも冷たいのもおいしい
・あっさりしすぎず、こってりしすぎず(飽きのこない味)
・どんな具材でも受け入れられる味付け

理想の味と食感を追い求めて、中学高校時代はポテサラを作りまくったという思い出があります(笑)。入れる具材やじゃがいもの火の通し方、調味料の組み合わせ方を試行錯誤しました。

研究に研究を重ねてたどり着いた、簡単でおいしいポテサラレシピをご紹介しますね!

材料(5人分)

Photo by macaroni

調理時間:20分

・じゃがいも(男爵)……3個
・玉ねぎ……1/2個(100g)
・にんじん……1/4本
a. 穀物酢……小さじ2杯
a. 牛乳……大さじ2杯
a. マヨネーズ……大さじ1杯
a. バター(有塩)……10g
・マヨネーズ……大さじ3杯
・めんつゆ……小さじ1杯
・塩、こしょう……各少々

下ごしらえ

・玉ねぎは薄切りに、にんじんはいちょう切りにする

作り方

1. じゃがいもをゆでる

Photo by macaroni

じゃがいもの皮をむきひとくち大に切って、5分ほど水にさらしてあくを抜きます。鍋にじゃがいもを入れ、じゃがいもがひたひたになるくらいの水、砂糖ひとつまみ(分量外)を加えて中火にかけます。

ゆでる以外にも、レンジ加熱、焼く、蒸すなどの方法も試したんです。たしかにレンジで加熱するのはお手軽ですが、じゃがいものほくほく感とクリーミーさが物足りないように感じました。

焼くのも香ばしくておいしいものの、レンチン同様クリーミーさにかける仕上がりに。

蒸すのはほくほく&クリーミーにはなるのですが、熱々の皮をむくのが大変で(笑)。火傷にも注意しないといけないし、そもそも時間がかかってしまうんですよね。

そこで、最終的にゆでる方法に落ち着きました。

2. 粉ふきいもを作る

Photo by macaroni

鍋が沸騰したらふたをして10分ほど煮ます。串がすっと通るくらいやわらかくなったらお湯を捨てて再び火にかけ、鍋を揺すりながら粉ふきいもにします。

お湯を捨てる際は、すべて捨てきらず少し残るくらいで大丈夫です。火が強すぎたり、揺すりが弱かったりすると鍋底にくっついてしまうので、中火くらいでしっかりと揺すってください。

ゆでてから粉ふきいもにすることでじゃがいもが調味料と絡みやすくなり、ほくほくでクリーミーに仕上がりますよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ