5. さんまに南蛮ダレをかける

Photo by Daiki Tanokami

バットなどにさんまを広げ、1をかけます。ときどき汁をかけ、粗熱が取れたら完成です。

「さんまが温かいうちにタレを絡めたほうが、味がよく染みます。冷やしてもおいしくいただけるので、冷蔵庫で味を馴染ませてもOKです。味が馴染んでから、いただきましょう」

残暑が厳しい日も手軽にさっぱり「さんまの南蛮漬け」

筒切りにしたさんまのボリューム感が楽しめる「さんまの南蛮漬け」。トマトや玉ねぎのさっぱり感とレーズンの甘みが、脂ののったさんまによく合います♪

「慣れたら、ほかの魚でアレンジしてもOKです。いわしならさんまと同じ筒切りでいいですし、アジなら3枚おろしにして揚げましょう」とまさみさん。

揚げ物&魚料理ということでハードルが高く感じる方も多い南蛮漬けですが、今回のレシピならさんまをさばかず手軽に作ることができます。初チャレンジの方も、ぜひ挑戦してみてくださいね。

取材・文/鎌上織愛
撮影/田上大輝

これまでの連載はこちら▼
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ