ライター : macaroni 編集部 井上

トレンド担当ディレクター

福島県出身、甘いものと白米が大好物の食いしん坊。インテリア雑貨や陶器が大好きでひと目惚れしたものはすぐに買ってしまう。カレー好きが高じて、レトルトカレーの連載をスタート。話…もっとみる

Twitterで話題!ある購買で販売されている「土蒲のたれめし」

2021年7月20日(火)、Twitterでふく(@kuuu_246)さんがツイートした「土蒲のたれめし」なるものが4.5万いいねを獲得し、話題になっているんです。

その正体はなんと、白米にうなぎのたれをかけ、駄菓子の「蒲焼さん太郎」を添えただけのもの!ふくさんの高等専門学校の購買で販売されていたそうで、コメント欄では「ズボラ飯の最終形態だ」「これは酷すぎておもしろい」「センスありすぎ!」と反響を呼んでいるんですよ。

あまりにも斬新なアイデアに、思わずくすっと笑ってしまいそうになります……。値段も198円(税込)と、割高なのも話題になったポイントかもしれませんね。

むしろたれだけでいい!?「うなぎのたれTKG」もおすすめ

Photo by macaroni

蒲焼さん太郎をたれめしにのせるアイデアは、安価で真似しやすそうですが、実際に食べるとなると、噛み切れず、ごはんとの相性が気になるところですよね。であれば、もはやたれだけで土用の丑の日を楽しむ手もありますよ!

ご紹介するのは、2,000食以上のうなぎを食べ歩いたという “うなぎマニア” 高城久さんもおすすめする「うなぎのたれTKG」。白米にうなぎのたれをかけてたまごを割り落とし、お好みで山椒をかければ完成です。

蒲焼さんも良いアイデアですが、より安くうなぎ感を感じたいなら、たれとたまごだけでも十分楽しめそうですね♪
うなぎマニア高城久さんの詳しい記事はこちら▼

“うなぎ以外” の楽しみ方もおもしろそう♪

土用の丑の日といえばうなぎ……ですが、値段の張る食べものなので、購入するのを躊躇する人もいるのではないでしょうか。本来丑の日は、うなぎにこだわらなくても「う」のつくものを食べられたらOK。

この記事でご紹介したTKGのように、うなぎを使わなくても存分に楽しめるアレンジがありそう。うなぎを購入した人も、たれが余ったらぜひチャレンジしてみてくださいね。

※本記事はふく(@kuuu_246)さまご協力のもと、株式会社トラストリッジが作成しています
うなぎをおいしく食べる方法はこちら▼
Photos:1枚
うなぎのたれたまごかけごはん
一覧でみる
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ