ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

わいわい楽しめる!豚ひき肉のスパイス炒め レタス包み

Photo by keiji okazaki

暑い夏にこそ食べたい、爽やかでおいしい料理のレシピをお届けする本連載。第三回は、中華風の肉味噌をレタスで包んで食べる「豚ひき肉のスパイス炒め レタス包み」を紹介します。

レシピを教えてくれたのは、東京・祐天寺にあるスパイスレストラン「レカマヤジフ」の髙木シェフ。

「甘味噌で炒めた豚ひき肉をレタスで包んで食べる中国料理があり、以前働いていたお店で近いメニューを出していたんです。

今回は身近なスパイスを使って、お子さんから大人まで幅広い世代に合うレシピにしてみました。肉感とレタスの食感がクセになりますよ」

Photo by keiji okazaki

祐天寺「レカマヤジフ」/髙木祐輔シェフ 高校時代から約7年間、ザ・ペニンシュラ東京の広東料理レストラン「ヘイフンテラス」で研鑽を積む。2019年に日本最大級の若手料理人コンテストで入賞、さらに2020年には経済紙Forbesの「アジアを代表する30歳以下の30人」にも選出。料理の幅を広げたいと新たに「レカマヤジフ」の立ち上げに関わり、シェフを務めている
「連休や夏休みで料理の頻度が増えると、マンネリしがちですよね。包み料理ならラクですし、お子さんも楽しみながら、野菜をたくさん食べられます。ちょっとしたイベント感覚で味わってもらいたいです」
前回の記事はこちら▼

材料(2人前)

Photo by keiji okazaki

画像の分量はおおよそです
・レタス…1玉
・豚ひき肉(粗挽き)……200g
・白ねぎ……1/2本
・にんにく(すりおろし)……小さじ1.5杯(約5g)
・しょうが(すりおろし)……小さじ1杯(約3g)
a. 鷹の爪……2本分
a. 甜面醤……大さじ2杯
a. クミンシード…小さじ1杯
a. カルダモンパウダー……小さじ1杯
a. 砂糖……小さじ1杯
a. オイスターソース……小さじ1杯
a. 鶏ガラスープ……50cc(粉の鶏ガラスープの素なら、小さじ1/2杯+水50cc)
a. 酒……30cc
a. 塩……適量
a. 黒こしょう……適量
a. ごま油……小さじ1/2杯
・カシューナッツ……10~15粒
・パクチー …お好み

〈豚肉の下味用〉
・塩……ひとつまみ
・黒こしょう……2振り

下ごしらえ

・豚ひき肉に、塩、黒こしょうを振って下味をつけておく ※ひき肉の代わりに、薄い肩ロース肉を包丁で細かくしても可
・白ねぎをみじん切りにしておく

作り方(5ステップ)

1. レタスを1枚ずつはがし、包みやすい大きさにカットする

Photo by keiji okazaki

レタスの芯のまわりにナイフを差し込み、1周まわして切り込みを入れて芯をくりぬきましょう。水を入れたボウルに沈めて、葉を1枚ずつはがし、手のひらに収まるくらいの大きさにカットします。

「レタスをまるごと水の中に入れるというのがポイント。簡単に1枚ずつキレイにはがれますよ」

2. 豚ひき肉を炒める

Photo by keiji okazaki

フライパン全体になじむ量の油(分量外)をひき、豚ひき肉を炒めます。全体に火が通ったら、一度お皿に移しておきます。

「豚ひき肉を炒めるときはヘラを使い、なるべくいじらず放っておいて、軽く焦げ目をつけてください。香りが出て肉感も残るので、よりおいしくなるんです」

3. 調味料類を火にかける

Photo by keiji okazaki

(a)をごま油、クミンシード、鷹の爪、にんにく、しょうが、砂糖、塩、黒こしょうの順に入れて炒め、全体がなじんだら、甜面醤を加えます。

「甜面醤は生のまま使うことも多いのですが、火を入れるとよりおいしくなります」

Photo by keiji okazaki

オイスターソース、鶏ガラスープ、酒を入れて煮詰めましょう。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ