ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

カレーヲタクの自信作。カレー炒飯

Photo by カレーおじさん\(^o^)/

カレーおじさん\(^o^)/ /カレーヲタク
15年以上毎日カレーを食べ続けるカレーヲタク。年間平均1,000超えのカレー食数、世界5,000店以上でのカレー食べ歩き経験を活かし、人気テレビ番組への出演やウェブメディアでの連載など、日々カレー情報を発信。レトルトカレーの監修やカレーイベントのプロデュースにも携わる。

こんにちは。カレーヲタクのカレーおじさん\(^o^)/です。

僕はカレーを“食べる”専門なので、作ることは基本的にしません。レトルトカレーも監修していますが、それは作るプロと手を組めているからこそ。

カレーを作ったことはありますが、才能がないことを痛感しました……。人気店のカレーのほうがおいしいのです。当たり前です。

しかしながら炒飯は、我ながら作る才能があると思っています。パパッと作った炒飯が、多くの人気店のものよりおいしいと感じることすらあるのです。そんなわけで、自慢のカレー炒飯のレシピをご紹介しましょう。

〈カレー炒飯〉
調理時間:5分

Photo by カレーおじさん\(^o^)/

材料(1人分)

Photo by カレーおじさん\(^o^)/

・ごはん……180~200g
・卵……1個
・クミンシード……小さじ1/2杯
a. チャーシュー……1〜2枚 ※ハムで代用可
a. 長ねぎ……5~7cm
a. カレー粉……小さじ1/2杯 ※おすすめはナイル商会「インデラカレー」とクロス&ブラックウェル社「カレーパウダー」。そのほかでも代用可
a. ブラックペッパー(パウダー)……小さじ1/2杯強
a. 塩……適量
a. しょうゆ……適量
・油……適量

コツ・ポイント

テンパリングで風味をしっかり引き出す!

Photo by カレーおじさん\(^o^)/

テンパリングは、炒飯を炒める工程とは別でおこなうこと。適切にスパイスの香りを引き出し、その香りをうまく油に移すことで風味が良くなります。

またカレーも同様ですが、炒飯は同じレシピでも作る人によって味が変わる料理。だからこそ、お好みの味付けで楽しんでください。

作り方

1. 材料を切る

長ねぎをみじん切りに、チャーシューをさいの目切り(粗目のみじん切り)にします。

2. クミンシードを中火でテンパリングする

鍋に油をひいてクミンシードを入れ、中火くらいで火にかけます。香りが出てきたら、油ごと取り出します。

3. 卵、ごはん、クミンシードを炒める

Photo by カレーおじさん\(^o^)/

中華鍋を強火にして、少し煙が立ってきたら油をひきます。溶き卵を入れてざっくり混ぜ、2のテンパリングしたクミンシードと油を加え、その上にごはんをのせます。

強火のまま、できれば途中であおりながら、しっかりと混ぜて炒めます。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ