ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

スパイスたっぷり。ジャマイカの味「ジャークチキン」

Photo by 神山彩子

カリブ海に囲まれた自然豊かな島国、ジャマイカ。ジャマイカ料理はナツメグ、ブラックペッパー、シナモンなどのスパイスや、ハーブをふんだんに使う独特なスパイシーさが特徴です。

なかでも代表的な料理が「ジャークチキン」。たっぷりのスパイスに漬け込んだ鶏肉を、ジャークパンと呼ばれるドラム缶に炭火を敷き詰めたグリルで焼き上げます。スパイシーでパリッと香ばしく、日本のジメジメとした暑い夏に食欲と元気を与えてくれること間違いなし!

Photo by 神山彩子

GOODWOOD TERRACE/店長 後藤 誠さん グッドウッドテラスは池袋で5年、渋谷で10年続くジャマイカ料理レストラン。キッチンで腕をふるう後藤さんは、店長でありオーナーの弟でもある。全国各地の音楽イベントでジャークチキン屋台を出店したり、オリジナルジャークシーズニングソースを販売したりと、ジャマイカ料理の魅力を広めるべくさまざまな取り組みをおこなう
そこで、本格的なジャークチキンの作り方を教わるべく、日本ではまだ数少ないジャマイカ料理レストラン、渋谷・道玄坂にある「GOODWOOD TERRACEグッドウッドテラス)」へ伺いました。

教えてくれたのは店長の後藤 誠さん。グッドウッドテラスでは、本場のジャークチキンについてより深く知るために、お店のスタッフ全員でジャマイカに行くこともあるそうですよ。

外パリッ中ジューシー。絶品ジャークチキンの作り方

Photo by 神山彩子

調理時間:30分(漬け込む時間を除く)

スパイスをふんだんに使うイメージのあるジャークチキン。グッドウッドテラスでは本場の味を再現しつつ、日本人も食べやすいジャークチキンを提供しています。

「ジャークチキンは、ジャマイカの屋台やレストランで日常的に食べられている気軽な料理です。日本で手に入る材料でも、手軽に作っていただけますよ」

材料(1人分)

Photo by 神山彩子

※画像は実際の分量と異なります
・鶏もも肉…… 1枚(約250g) 

〈シーズニング〉
・オールスパイス…… 大さじ4杯(約24g)
・タイム……大さじ1杯
・バジル……大さじ1杯
・ブラックペッパー……大さじ1杯
・シナモン……大さじ1/2杯
・ナツメグ……少々
・塩……小さじ1杯

〈ペーストソース〉
・長ねぎ……1/4本
・にんにくペースト……大さじ1/2杯 
・ケチャップ……大さじ2杯
・酢……大さじ1杯

Photo by 神山彩子

ポイントとなる食材が長ねぎ。長ねぎを入れることでペーストソースにとろみがつき、肉との絡みがよくなります。また、風味が増しておいしいジャークチキンに焼き上がるそう。ミキサーにかけるので、ざく切りにしておきましょう。

作り方

1. シーズニングを作る

Photo by 神山彩子

シーズニングの材料をミキサーにかけ、粉末状にします。

「ミキサーに入れる順番が大事です。砕けにくいオールスパイスは先に、粉末状のスパイスは風味が飛んでしまわないようにあとから入れてください」

オールスパイスは粉末のものよりも、実のままのものを使うのがおすすめ。実を粗く砕くことで、肉を焼いたときにいい感じに焦げ目がつくそうです。

2. ペーストソースを作る

Photo by 神山彩子

ペーストソースの材料をミキサーにかけます。滑らかなペースト状になるまで、しっかりと混ぜます。

3. 鶏もも肉を漬ける

Photo by 神山彩子

鶏もも肉の水分をキッチンペーパで拭き取り、シーズニングとペストソースが全体に馴染むようにしっかり揉み込みます。

「鶏もも肉の水分を拭き取るひと手間が大事。味の入りが良くなり、よりおいしく仕上がりますよ」
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ