ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

監修者 : 龍 慶介

てしま農園 代表

自衛隊のパイロット、大手広告出版会社と異色の経歴を経て、10年前に農業の世界へ。“植物のプロとお客様をつなぐ”をコンセプトとした『てしまの苗屋』を立ち上げる。初心者の方に植物を…もっとみる

教えてくれた人

てしま農園代表/龍 慶介さん
自衛隊のパイロット、大手広告出版会社と異色の経歴を経て、10年前に農業の世界へ。“植物のプロとお客様をつなぐ”をコンセプトに『てしまの苗屋』を立ち上げる。初心者にも植物を育てることの楽しさを伝えたいと、購入者への説明や相談にも積極的に対応。失敗しにくい苗の販売と育成に力を注ぐ。

植物への愛情たっぷりの龍さんに、7月のベランダ菜園におすすめの野菜&ハーブと基本的な知識やアドバイスをいただきました。

家族で営むてしま農園

Photo by てしま農園

ーーいよいよ梅雨明けですね!てしま農園の夏はどのような様子ですか?

龍 慶介さん(以下、龍) てしま農園は、増員しなければ回らない程のピークを過ぎてすっかり落ち着いてきましたので、今は家族に手伝ってもらいながらゆったり作業していますよ。

ーー素敵ですね!お子さんもお手伝いしてくれるんですか?

 少しですけどね(笑)コロナの影響もあって、ここしばらくは家族で過ごす時間が圧倒的に増えました。やっぱり幸せだし、感謝してもしきれないです。

7月におすすめのハーブは「ペパーミント」

ーー7月におすすめのハーブを教えてください。

 今月のおすすめは、ミントです!ミントは雑草並みの生命力を持ち、ほぼ枯れることがありません。暑さにも強く、グングン育つのが特徴。あまり気を使わなくても勝手に育ってくれるので、まさにベランダ菜園初心者の方にぴったりのハーブです。

ーー少し前からミント味のお菓子やスイーツをよく見かけるようになった気がします!

 そういえば、うちにもミントの問い合わせが多くなりましたね~。流行りですかね?
ミントは世界中にたくさんの種類があると言われていますが、日本でよく耳にするのは「ペパーミント」と「スペアミント」。今回紹介するのは、清涼感の強いペパーミントです。

ペパーミントを上手に育てるには?

最適な環境と植え付け方法

Photo by okamama

ーーペパーミントを育てるときの注意点はありますか?

 いやぁ、それが特にないんですよね〜(笑)。ペパーミントは本当に気温や病気の心配も特にはなく、神経質になる部分は一切ありません。

強いて言うなら、たくさん生えるので繁りすぎに注意というところですね。葉が密集しすぎると蒸れて内側が茶色くなるため、混み合ったら株分けしたり随時収穫したりして、密にならないようにしてあげてください!

ーーなるほど。おすすめのプランターの形はありますか?

 ボウル型のプランターがおすすめですね。ペパーミントは根がかなり広く張る植物です。プランターのサイズ次第で育つ大きさが決まるので、大きくしたいなら大きめのプランターという具合に、育てたい大きさのプランターを選びましょう。

水と肥料のやり方

Photo by okamama

ーー生命力が強いペパーミントですが、水やりの頻度はどれくらいですか?

 ペパーミントは、水が多過ぎた場合もすぐに消耗してくれるし、少なくても問題なく育っていきます。なので、あまり気を遣うことなく適度にあげれば大丈夫ですよ。

ーー肥料はどうですか?

 肥料は、月に1回ほど与えると繁殖の勢いが上がってどんどん育っていきます。逆に言えば、繁殖を抑えたいときは肥料は与えなくてOKです。

想定されるトラブルと対処法

ーー気を付ける病害虫はありますか?

 葉が混み合ったときにアブラムシがつくことがあります。乾燥する真夏は蒸れやすいので、深めに剪定して切り戻しするといいですね。切り戻しをすると栄養をよく吸い上げるようになり、アブラムシの繁殖を予防できます。

ーー暑い真夏の間は少し注意が必要なんですね。では、直射日光に当たるよりは日陰のほうがいいですか?

 寒さよりも暑さのほうが多少弱いかもしれません。真夏の間は伸びが悪くなったり、くたっと元気がなくなったりすることがあるかもしれませんが、特別心配しすぎなくて大丈夫ですよ!

ミントに限らず植物全般に言えますが、真夏の暑い時期に無理に成長させると疲弊の原因になります。この時期は深めに剪定して、植物を休ませてあげるのがおすすめです。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ