ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

100年愛される名店直伝!究極のあじフライレシピ

Photo by Nobuyoshi Miyamoto

春から夏にかけて旬を迎えるあじ。季節の味覚をもっと堪能するべく、おうちでレストラン級のあじフライを作ってみませんか?

レシピを教えてくれたのは豊洲市場内にある人気店「とんかつ八千代で腕をふるう佐藤 修さん。

とんかつ八千代では、市場で仕入れた新鮮な魚介を使ったフライ定食を食べることができます。なかでもその日あがった新鮮なあじを使ったあじフライは人気メニュー。衣はさっくり、身はふんわりとまさに理想形です。

そこで本記事では、究極のあじフライの作り方をマスターするべく、あじフライの作り方やあじの捌き方、家庭ですぐにできるコツなどを詳しく教わりました。

とんかつ八千代の人気メニュー「あじフライ」の作り方

1. あじを背開きにする

Photo by Nobuyoshi Miyamoto

まずは、尻尾の少し上にあるぜいごと呼ばれる硬いウロコを削ぎとり、表面のウロコもとります。頭を切り落として内臓をとり出し、身を流水で洗い流しましょう。

ちなみに、新鮮でおいしいあじは目が澄んでいてしっかりと体高(たいこう)があるかどうかで見分けると良いそうです。

※体高とは、魚の背中から腹部までの最大距離のこと

背から包丁を入れる

Photo by Nobuyoshi Miyamoto

あじの背を手前にし、背びれの少し上あたりから包丁の刃先を入れていきます。

Photo by あじの身にパン粉をつけた様子

開いたものがこちら。包丁をあじの中骨にしっかりと沿わせ、コツコツと骨が当たっている感触を確かめながら開くのがポイントだそうです。

身から中骨を外す

Photo by Nobuyoshi Miyamoto

開いたあじを裏返し、包丁を中骨の少し上に入れます。中骨に身が残らないように注意しながら、尾びれの少し手前まで切り込みを入れましょう。

Photo by Nobuyoshi Miyamoto

尾びれを残し、中骨をざくっと断ち切ります。

腹骨をとる

Photo by Nobuyoshi Miyamoto

次に、腹骨をとります。包丁を寝かせた状態で腹骨に沿わせ、薄く削ぎとります(写真左)。

また、赤丸部分(写真右)はあじの卵。卵がついていた場合は腹骨と同じように削ぎとっておきましょう。

腹びれをとる

Photo by Nobuyoshi Miyamoto

口当たりの悪い腹びれをとります。開いたあじを写真のように持ち、腹びれを包丁でしっかりと押さえて引っぱります。

Photo by Nobuyoshi Miyamoto

下処理を終えたあじがこちら。佐藤さんは、1枚ものの数十秒で開いていました。「慣れるには練習あるのみ!」とのことです。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ