ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

イタリアンの巨匠が教える、パンにぴったりな家庭料理

Photo by Makoto Kishita

リストランテアクアパッツァ オーナーシェフ/日髙良実さん 神戸市出身。日本の食材を生かしたイタリアンが人気で、テレビ出演や著書も多数。現在は、アクアパッツァの厨房から動画でレシピを配信している。2021年6月には『教えて日高シェフ!最強イタリアンの教科書 ACQUA PAZZAチャンネル公式レシピBOOK』(世界文化ブックス)を発売
東京・銀座の「リストランテ ハナダ」を経て、イタリアの名店で修業した日髙シェフ。本場で鍛えた技と日本各地の旬の食材を生かしたイタリア料理、そして飾らない人柄で、絶大な人気を呼び、多方面で活躍しています。
そんな日髙シェフに教えていただくのは、外出がおっくうになる梅雨の時期にぴったりな、身近にある食材を使って作れる家庭料理。連載3回目は、正真正銘のキッチンの“いつメン”食材を使ったレシピです。

手順通りに調理していけば、まったく手間をかけずに、おいしく、おしゃれなひと品に仕上がりますよ。フライパンごとテーブルに運んで、できたてのアツアツを楽しんでいただきたい料理です。
前回の記事はこちら▼

母の味をイタリア風に進化した、キャベツとツナの卵とじ

Photo by Makoto Kishita

キャベツとツナの卵とじ
「今回紹介するのは、思い出の母の味をアレンジしたレシピです。子どもの頃から好きだったキャベツ、トマト、卵、ツナが入ったこの料理は、母にねだって何度も作ってもらいました。大人になって中華料理に『トマトと卵の炒めもの』があることを知りましたが、僕にとっては『トマトの卵炒め』は母の料理です。

母のレシピとの大きな違いは、“生クリーム”を加えるところ。コクが増し、洋風に仕上がります。もうひとつの違いは卵の火の通し方。母の卵とじは卵に火がしっかり入っていましたが、僕は半熟派なのでほぼ余熱で仕上げます。でも、生クリームも入れるので、しっかり火を通してもおいしいですよ」

材料(2人分)

Photo by Makoto Kishita

実際に使う量とは異なります
・キャベツ(ざく切り)……1/4玉
・トマト(くし切り)……3個
・ツナ……1缶
・卵……3個
・生クリーム……80cc
・塩……適量
・粗挽き黒こしょう……適量
・水……150cc

作り方

1. フライパンでキャベツを蒸す

Photo by Makoto Kishita

キャベツは芯を除いて、食べやすい大きさにざく切りにし、フライパンに均等に敷きつめます。水150ccを加え、フタをして、中火で5分ほど蒸していきます。

「キャベツは1枚1枚はがさずに、重なったままどんどん並べてOKです。細かいことは気にせずに」

2. ボウルに卵を入れて軽く混ぜ、生クリームを加える

Photo by Makoto Kishita

卵をボウルに割り入れ、泡立て器を使って軽く混ぜます。続いて生クリームを加えます。

生クリームと卵は混ぜすぎないことがポイント。目指すのは黄身、白身、生クリームがマーブル状になることです!」

3. ボウルにツナ、塩、こしょうを加える

Photo by Makoto Kishita

卵と生クリームに、油を切ったツナ、塩ひとつまみ、粗挽き黒こしょうを加えます。ここで、混ぜないように注意しましょう。

ツナはフレーク状のものではなく固まりのタイプを使ってください。こしょうはお好みですが、多めがオススメです!

編集部のおすすめ