ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

イタリアンの巨匠が教える、パンにぴったりな家庭料理

Photo by Makoto Kishita

リストランテ アクアパッツァ オーナーシェフ/日髙良実さん 神戸市出身。日本の食材を生かしたイタリアンが人気で、テレビ出演や著書も多数。現在は、アクアパッツァの厨房から動画でレシピを配信している。2021年6月には『教えて日高シェフ!最強イタリアンの教科書 ACQUA PAZZAチャンネル公式レシピBOOK』(世界文化ブックス)を発売
東京・銀座の「リストランテ ハナダ」を経て、イタリアの名店で修行した日髙良実シェフ。本場で鍛えた技と日本各地の旬の食材を生かしたイタリア料理、そして飾らない人柄が絶大な人気を呼び、多方面で活躍しています。
そんな日髙シェフに教えていただくのは、外出がおっくうになる梅雨の時期にぴったりな、身近にある食材を使って作れる家庭料理。4品目は魚料理です。食欲が落ちがちなこれからの季節にもうれしい、さっぱりしたソースでいただきます。今回はめかじきを使っていますが、鮮度のいい魚なら何にでも合うレシピです。
前回の記事はこちら▼

エオリア諸島で学んだ、めかじきの食いしん坊風

Photo by Makoto Kishita

めかじきの食いしん坊風
「イタリアでの修業時代、ほとんどを北イタリアのレストランで働きましたが、2カ月ほど、イタリア南西部に位置するシシリア島近くのリーパリ島のレストラン『Filippino』で修業しました。ここでは北イタリアの料理とは一風違った“素材を生かしたイタリア料理”を学びました。

そのなかのひとつがこの『めかじきの食いしん坊風』です。リーパリ島の周囲ではめかじきがたくさん泳いでいるので新鮮なものが手に入りますし、ケッパーはシチリアの特産品。地元の食材を生かしたレシピなんですよ。

魚料理というと、僕の店の名前にもなった『アクアパッツァ』がありますが、食いしん坊風では白ワインを入れます。白ワインを加えることで酸味が強くなり、梅雨の時期や夏場の食欲が落ち気味なときにも食べていただきやすいと思います」

材料(2人分)

Photo by Makoto Kishita

・めかじき(切り身)……2枚
・湯むきトマト(1cm角切り)……3個
・玉ねぎ(粗みじん切り)……1/2個
・ケッパー(粗みじん切り)……大さじ3杯
・白ワイン……200cc
・塩……適宜
・こしょう……適宜
・オリーブオイル……適宜
・イタリアンパセリ……適宜

作り方

1. フライパンでめかじきを焼く

Photo by Makoto Kishita

フライパンにオリーブオイルを小さじ1杯程度を入れて温めたら、塩こしょうしためかじきを並べ、強火で表面に焼き目をつけます。片面に焼き色がついたら、裏返してもう片面を軽く焼きます。

「めかじきを焼き始める直前に両面にまんべんなく塩こしょうします。南イタリア料理ではあまりこしょうは使わないので、こしょうはお好みで。ちなみに冷凍のめかじきでもおいしくできますよ」

2. フライパンの油分を軽く拭き取り、白ワインを入れる

Photo by Makoto Kishita

裏面を軽く焼いたら、白ワインをまわし入れ、ワインで煮ていきます。火加減は強火のまま。2分ほど強火でアルコール分を飛ばしたあと、少し火を弱めて中火でさらに1分ほど煮詰めていきます。

魚はあまり触らないことが大事。必要以上に触ると、身がボロボロに崩れてしまいますからね」

3. トマトをフライパンに加えて煮る

Photo by Makoto Kishita

皮を湯むきし1cm角に切ったトマトをフライパンに加え、軽く煮て、トマトの風味をソースに移していきます。

「ここではトマトは軽く泳がせるように揺する程度で十分です。トマト煮を作るのではなく、香りや風味をソースに移すのが目的です。

湯むきトマトをカットするときは、トマトの種は除いてくださいね。種にはペクチンが多く含まれて、おいしいのですが、料理のときは雑味が出てしまいます」
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ