ローディング中

Loading...

ご家庭でも作ることが多いおかずの一つハンバーグ、あなたは材料の玉ねぎを炒める?炒めない?玉ねぎを炒める場合と炒めない場合の長所や、玉ねぎあり・なしレシピまで詳しくお伝えします。いつものハンバーグをもっとおいしくしましょう!

ハンバーグの玉ねぎ、どう調理してる?

子どもから大人まで幅広い世代に愛され、ご家庭の料理の代表格といえばハンバーグ。タネの材料やソースに変化をつけたアイデアレシピもたくさん出ていますね。

さて、そんなハンバーグに使う玉ねぎ、皆さんは炒めますか?炒めませんか?炒めた方が甘みが出ておいしいとは分かっているけど、時短のために生のまま、という方もいらっしゃるかも。いやいや、あえて生のままの方が玉ねぎの食感が残りおいしくなる、という声も聞かれます。これは各家庭により分かれるところですね。

これって本当のところ、どちらがおいしいの?味の違いはどのくらい?それぞれの場合におすすめのレシピと合わせてご紹介します。

炒める方がやっぱりいいの?

炒めた玉ねぎの味は?

基本的なレシピには、玉ねぎは炒めて使うものが多いですよね。甘みが増すことが、炒めることの最大の長所となります。余分な水分を飛ばすという目的もあります。

生の玉ねぎの味は?

歯ごたえが残ることが最大の長所となります。炒めたものよりも甘みという点を考えると少ないですが、こちらが好みという人もいらっしゃるようですよ。実際にプロの料理人は生で使う、もしくは生と炒めたものを合わせて使う人もいるそうです。

基本のハンバーグレシピを押さえる!

ここで基本的なハンバーグのレシピを一おさえておきましょう!

玉ネギはみじん切りにし、薄い茶色になるまで炒めます。ニンジンはすりおろしておきます。サヤインゲンはゆでて水気を切り、バターで焼き色がつくまで炒めます。コーンも炒めておきましょう。

ボウルに肉、玉ネギ、パン粉、卵などを入れ、混ぜ合わせます。タネが出来たら俵型に形を整えて、焼きます。両面に焼き色がついたら弱火にし、その後、蒸し焼き。ソースの材料をひと煮立ちさせ、器にもりつければ完成です。

おいしく作るコツとは?

ポイントは3つあります!

1.玉ねぎをあめ色になるまでよく炒めて甘くすること
2.ハンバーグをこねる際に両手でキャッチボールをして空気をよく抜くこと
3.合挽き肉を使用すること。牛肉7:豚肉3の割合が黄金比と呼ばれています。
▼もしパン粉がなかったら……!

玉ねぎを炒めないレシピ

玉ねぎを炒めないレシピとして、こちらのレシピをご紹介します。シャキシャキの食感を残した仕上がりになるので、ジューシーなお肉と玉ねぎの食感のバランスがお好きな方にオススメです!和風のさっぱりとした味付けとなっていますよ。

挽肉に出汁を加えてこね、さらに卵、パン粉、玉ねぎのみじん切りを加えて再度こねます。成形をしたらフライパンに入れ、焼き色をつけたらひっくり返し、椎茸、えのき、ねぎを加えて蒸し焼きに。最後に味を整えたらできあがりです。

生の玉ねぎを使う際のポイント!

4つのポイントをおさえて、おいしいハンバーグ作りをしましょう!

1. 玉ねぎは生で使う場合、みじん切りにした後、ザルに移して上から押し、水分を抜きましょう。
2. 新玉ねぎの場合、大量の水分を含んでいるので、そのまま使うと水っぽくなってしまいます。
3. 粗く刻んだ玉ねぎを最後に少量入れるとシャキッとした食感を足すことができます。
4. 生のまま使う場合は、カットが大きすぎるとそこから亀裂が入ることがありますので、適度な大きさに切りましょう。

あめ色玉ねぎをマスターしよう!

あめ色玉ねぎがきちんと作れれば、ハンバーグを失敗せずにおいしく仕上げられます。時間はかかりますが、他のお料理にも活用できるので、ぜひ覚えておきましょう。

1.玉ねぎをみじん切りにしてください。
2.鍋にオリーブ油を熱してバターを溶かしていきます。
3.玉ねぎを鍋に入れて、20分ほど水分を飛ばすようにかき混ぜながら、火加減も調節してください。
4.水分が減ってくると、鍋底に焦げ目がついてきます。それを木べらでこそいで混ぜ合わせ、広げてまた焦げ目をつけるという作業を繰り返します。45分〜60分経ち、玉ねぎがあめ色になったらできあがりです。

時短で作るポイント!

時間がかかるあめ色玉ねぎですが、できることなら時短をしたいですよね!いくつかのポイントをきちんとおさえれば、かなりの時短になりますよ。

1. みじん切りなど、できるだけ細かく刻んでください。
2. 冷凍した玉ねぎのみじん切りを使ってください。
3. しんなりしてきたら、塩を加えて水分を短時間で飛ばしてください。
4. 玉ねぎにしっかりと油分をコーティングしてください。
▼このハンバーグ、生焼けな気がする……そんなときは?

玉ねぎを入れないレシピ

玉ねぎなしのお手軽ハンバーグ

玉ねぎがおうちにないときでも、ハンバーグができてしまいます。玉ねぎが嫌いというお子さまや、玉ねぎを切ったり、あめ色玉ねぎを作るのは面倒という方にもオススメですよ。みじん切りの玉ねぎを入れない代わりに、マヨネーズでコク出しをしています!

合挽き肉を白っぽく粘りが出るまで混ぜ合わせます。牛乳で浸したパン粉、卵、マヨネーズなどを入れてこねます。真ん中を窪ませたタネの片面を焼いたら裏返し、蒸し煮にします。肉汁が入ったフライパンに調味料を入れて煮詰め、ソースを作ったら、お皿に盛り付けたハンバーグにソースをかけて完成です。

玉ねぎで変わるハンバーグのおいしさ!

玉ねぎを炒める、炒めない、使用しない……それぞれに、よい点があるとわかりましたよね!普段は好みに合わせて作ることがいいですが、たまには別の方法で試してみようと思った方もいらっしゃるのでは?同じハンバーグでも、玉ねぎのあるなしだけで、こんなにも差が出るのだと驚いてしまうかもしれませんよ。

あめ色玉ねぎを使用することで、料理に一手間が加わります。時間がかかった分おいしいことは保証されていますので、時間があるときに挑戦してみてくださいね。さまざまな方法でおいしいハンバーグを作りましょう!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

タコライス まとめ

夏に食べたくなるタコライスは、お弁当にもオススメのレシピです。そこで今回はタコライス弁当を彩りよく盛りつけるためのコツやレシピをたっぷりとご紹介します。インスタ映えするお弁当作りをしてみたい!という方にもおす…

大根

煮物や炒め物、おろしなど様々な料理に使える大根。どのように保存すれば長持ちさせられるのでしょうか?実は、大根は方法次第で意外と長く保存できるのです。冷凍、冷蔵、常温のどれ?保存期間の違いは?大根の保存方法につ…

プリン まとめ

栄養成分が豊富といわれる「豆乳」を使ったプリンは、なめらかで優しい味わいが魅力。そんな豆乳プリンの基本の作り方や、人気のアレンジをご紹介します。失敗しないコツや、レンジを使った混ぜるだけの簡単レシピもあるので…

長崎 ハンバーガー まとめ

たくさんの観光客が訪れることで知られる長崎の「ハウステンボス」。そのなかに長崎名物「佐世保バーガー」の認定店がいくつもあるのをご存知でしたか。それらの認定店とそのまわりにある、佐世保バーガーがおいしいと評判の…

タコライス アレンジレシピ 沖縄 まとめ

みなさん大好きな沖縄料理のタコライス!今回はタコライスソースの作り方や市販のタコライスソースを使ったアレンジレシピから地元沖縄で作られた市販ソース、エバラ、カゴメで出している人気レトルトまでを紹介します。ぜひ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

人間には無害でも、ある動物にとっては有害…という食材もあるそうです。ペットを危険から守るにはしっかりと知っておくべき知識です。あなたの愛するペットを守るためにも把握しておきましょう!

まとめ

毎日食べるお米だからこそ、安くおいしく仕上げたいですよね♪そこで今回は、ご家庭に常備しているもので簡単においしくする方法を紹介します!簡単混ぜるだけでおいしいご飯の完成です♪

まとめ

日本酒を飲む時に欠かせない「おちょこ」。最近では色々なデザインのものがありますが、今回は女子ウケ間違いなしの、ポップで可愛い「おちょこ」を5種類ピックアップしてみました♪動物モチーフやシンプルな物まで、プレゼ…

バー カクテル 東京 まとめ

東京都内にも様々なコンセプトのバーはありますが、映画バーって行ったことありますか?レトロな映画からSFまでお酒とともに楽しめる、映画好きにはたまらない空間です♪お洒落なカクテルを飲みながら映画トーク、だなんて…

とうもろこし まとめ

食用利用されることが多い食材「野菜」。実は世の中には観賞用として栽培される品種もあるんです!今回は、そんな目で見て楽しむための一風変わった野菜をご紹介。味にクセあって食用には適さないものも、インテリアとして…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ サンドイッチ ハム

全国各地のご当地食材を食べるのは、その土地の魅力にふれるようで、とってもうれしいことですね♩今回は、そんな食材たちとSNSで人気の「ハムぱくサンド」を組み合わせた「ご当地ハムぱくサンド」のアレンジレシピを、厳…

アサヒビールの「クリアアサヒ」は食事と相性がいい。まことしやかに囁かれていたこのウワサ・・・、ついに科学的に実証されました!今回は、特殊な味覚センサーによる測定で明らかになった好相性の料理を4つ、実食レビュー…

くるみ

栄養価が高いことで知られている「くるみ」。しかし、食べ過ぎると危険であることをご存じでしたか?太る原因となったり、ニキビなどの肌荒れにつながったり……。今回は、そんな気をつけたい副作用や、適切な量などをご紹介…

京都 お土産

京都を代表する銘菓「おたべ」は、おみやげランキング上位にランクインする定番みやげのひとつ。しっとりなめらかな生地に身をまとったあんの甘みは、どこか懐かしさすら感じるやさしい味わいです。おたべの発祥から季節限定…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る