ライター : みのすけ(柳谷みのり)

菓子教室運営

「みのすけ通信お菓子教室」という通信専門の教室を運営しています 。忙しいかたでも楽しくおいしいお菓子作りが楽しめるようなレシピやポイントをご紹介してまいります。

少量で作るジャム、はじめませんか?

Photo by みのすけ

ジャム作りにどんなイメージをもたれているでしょうか。大量のフルーツが必要だったり、ガラスびんを煮沸したり、少し気合の入った作業が必要と思われる方も多いかもしれません。

しかし、今回ご紹介する作り方なら、材料のフルーツは少量でOK。そのうえ少ない器具、思い立ったらすぐに作れる覚えやすい配合で、驚くほど短時間で仕上がります。

イチゴ1パック、オレンジ1玉など、少量のフルーツでおいしいジャムを作る方法とポイントを以下にまとめました。季節のフルーツのおいしさを凝縮したジャムならではの魅力を、ぜひご家庭で楽しんでいただきたいと思います。

ジャム作りに使用する道具

Photo by みのすけ

まず、鍋と耐熱ゴムベラを準備しましょう。

鍋は特別なものではなく、普段使いの扱いやすいもので結構です。そのほか、アク取り用に水を張ったボールとアク取り器、氷水などを準備しておきます。

配合の基本はフルーツ+その半量のグラニュー糖

Photo by みのすけ

レモン汁は絞った後茶こしでこしたものを使います
今回ご紹介する作り方は、フルーツと、フルーツの半量のグラニュー糖を基本の配合としていきます。味をひきしめるためにレモン汁を加えるレシピもありますが、その場合レモン汁はフルーツの5%量を目安とし、味を見て調整します。

いちごジャムのレシピ

Photo by みのすけ

まずは王道、定番のいちごジャムから作りましょう。

材料

・いちご……お好みで
・グラニュー糖……いちごの総量に対して50%
・レモン汁……いちごの総量に対して5%

作り方

今回はいちご1パックを洗い、へたをとって計ると268gでした。その半量の134gのグラニュー糖、13gのレモン汁を鍋で混ぜ合わせ、いちごの果汁が出てくるまで少し置いておきます。

Photo by みのすけ

鍋を火にかけ、ときおり果肉を潰しながら混ぜ、やや弱めの中火で加熱していきます。

Photo by みのすけ

加熱中、2~3回アク取りをします。

Photo by みのすけ

しだいにとろみが出てきます。ある程度とろみがついたら火を止め、ボールに移して氷水に当て、急冷します。

Photo by みのすけ

急冷することで、色鮮やかで引き締まった味のジャムになります。

炊き上がりの目安は、加熱する前の果物の総量前後。今回のいちごジャムの場合268gがいちごの総量だったので、その程度の重さになったら火を止めます。

完成後は冷蔵庫で保管します。瓶などに入れて密閉するわけではないので、5日程度を目安に食べきると安心です(焼き上がりの目安、期限の目安はほかのジャムも同じです)。

Photo by みのすけ

ちなみに、いちごジャムと同じ材料比率(※)と工程で、ブルーベリージャムも作れます。
※ブルーベリーの総量に対してグラニュー糖50%、レモン汁5%

編集部のおすすめ