ライター : 大瀧亜友美

取材&グルメライター

取材ライター歴5年目。食べることが大好きで、日々料理の腕を磨いています。最近ハマっているのは皮から作る餃子。ライターとして毎日の暮らしをちょっと豊かにする情報を発信していき…もっとみる

時間がない日のお助け料理!レンチン小鍋で3レシピ

近年、新しい食事スタイルとして注目を集めている小鍋。複数人で大鍋をつつく従来のスタイルに比べ、個別に取り分けられる小鍋は、ソーシャルディスタンスを気遣う状況にはぴったりなアイテムです。

しかも、『日本一鍋に詳しい料理家』として知られる名誉鍋奉行・安井レイコさん曰く、そんな小鍋をさらに時短できる『レンチン小鍋』というラクチン料理があるのだとか。

調理方法は、ひとり用の小鍋に具材を入れて数分間レンチンするだけ!鍋ならではの煮込み時間を短縮できるので、すぐに食べられるのもメリットです。時間がなくてもしっかり食べたいときに重宝すること間違いなし。

そこで、安井さんに誰でも簡単にできるオリジナルのレンチン小鍋レシピを3つご紹介いただきました。

教えてくれた人

料理研究家・エッセイスト/安井 レイコさん
カリスマ主婦ライターとして活動しながら、出産を機に健康料理を習得。料理研究家として「簡単、キレイに健康に」をモットーとしたローオイル、ノンシュガー料理を企画・発信している。なかでも環境にやさしい料理として鍋に着目。“日本一鍋に詳しい料理家”として数多くのメディアへ出演し、鍋の魅力発信に尽力している。メーカーのレシピ開発や、食から地球環境を考える「うちエコ!ごはん」の推進活動など、多方面で活躍中。

レンチン小鍋の魅力は手軽さ!

Photo by macaroni

レシピの前に、レンチン小鍋の魅力や使用するお鍋の選び方を、安井さんに教えていただきました。

「レンチン小鍋の魅力はやっぱり簡単で手軽なところ!レンジの場合、火が素早く通るので、鍋でぐつぐつ煮込まずとも具材がやわらかくなりやすいんです。調理にかける時間を短くしたい人にはまさにぴったり。

また、大鍋だとどうしても鍋つゆを多めに入れたくなりますが、小鍋なら少量の鍋つゆで蒸し鍋もできます。こぢんまりとしているわりに、使い勝手が良いアイテムなんです。

事前に具材や鍋つゆをセットしておけば、温めるだけなので忙しい日にも便利!個別に用意できるので、食事時間がバラバラの家族でもアツアツのご飯を食べられるメリットもあります。

使うお鍋は、電子レンジ対応のものなら何でもOK!土鍋でもいいですし、深めのお皿やどんぶりでも構いません」

Photo by macaroni

時短もできて手軽なうえに、活用幅が広いという小鍋。いいとこづくしのレンチン小鍋は、ふだんの食生活にどんどん取り入れていきたいですね。

では、そろそろレシピに参りましょう。おいしく作るためのコツを含めて、ご紹介いたします。

レシピ1:鮭と料理酒のレンチン鍋

Photo by macaroni

「ひとつ目は、タジン鍋をイメージした異文化の雰囲気ただよう洋風鍋。オリーブオイルとガーリックの香りが食欲をそそります。

鍋つゆ代わりに料理酒を使うところがポイント。料理酒にはうまみ成分のアミノ酸がたっぷり入っているので、具材のおいしさをより際立たせてくれます。アルコールをしっかり飛ばせるようできるだけ平らな鍋を使い、ラップをふんわりかけるのが、おいしく作るコツです。

レンジで素早く火を通すので、鮭の生臭さが出にくいところもこのレシピの魅力。生鮭を使う場合は少し塩を足して、味を調整すると良いですよ」

材料

・甘塩鮭……1切(約100g)
・キャベツ……40g
・赤(黄)ピーマン……1/2個
・エリンギ……1/2本
・しめじ……1/4袋(25g)
・にんにく……小1片
・料理酒……小さじ2杯
・オリーブオイル……小さじ1杯
・こしょう……少々
・レモン……お好みの量

作り方

1. 耐熱鍋にちぎったキャベツ、薄く切ったエリンギ、ほぐしたしめじを入れ、食べやすい大きさに切った鮭のスライスをのせる

2. 鮭の上に、にんにくのスライスをのせる。料理酒、オリーブオイルを入れ、こしょうを振ったら、ふんわりとラップをして電子レンジ(500W)で5分加熱する
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS