ライター : 岡本翔子

占星術研究家

ロンドンにある英国占星学協会で、心理学をベースにした占星術を学ぶ。英国占星学協会会員。占星術と料理、コスメ、旅などを組み合わせたコラムを女性誌やWEBマガジンなどの連載を中心…もっとみる

いよいよ「風の時代」へ。蠍座の運勢は?

誰もが予想もしない1年になった2020年が終わり、新しい年がはじまりますね。

そんな2021年ですが、占星術では約200年続いた「地の時代」が終わり、新しい「風の時代」がはじまる年になる……という予測が出ています。

土地やお金など、目に見える分かりやすい成功が"良いもの"とみなされていた「地の時代」から、他人とのつながりや、自分なりの思考とアイデアを大切にする「風の時代」へ。

少し簡単にいうと「守ること」ではなく「共有すること」こそが、より価値を生む時代が訪れる、と私は予測しています。

今まで当たり前だった社会や経済のあり方や、地位や財産など自身がいま手にしているモノに左右されず、まわりの人々とモノや知識や経験を「共有」「共存」していくことで、新しい時代の波に乗れるのが2021年、というイメージです。

また、星の動きは食のトレンドにも影響を与えます。

2021年は「オーガニック」「ホールフード」への関心がますます高まると予想しています。既に新しいサービスも出てきているように、生産者と消費者をつなぐネットワークが発達し、新鮮な野菜のデリバリーが当たり前になるように。

また、少し変わったハイブリッド野菜や、今までになかった新しい食材の組み合わせなども流行しそうな予感がします。そして、コロナ収束後の社会を見すえて、移動型レストランや店舗のシェア、星付きレストランの進化系カジュアル店も増えてきそうですね。

さて、そんな2021年、あなたの星はどう動くのでしょう?

今回は私なりに、あなたが2021年をしなやかに、有意義に過ごすための星からのメッセージをまとめてみました。
▼蠍座以外の方の運勢はこちら

【蠍座】の運勢|居心地のよい家で過ごす時間を増やそう

世界中が未知のウィルスと戦った2020年が終わり、新しい年を迎えます。緊急事態宣言の最中、自分と向き合う時間が増えたのが、ある意味、コロナ禍がもたらした最大の功績かもしれません。

2021年の蠍座にあまり暗い要素はありませんが、何かと外野がうるさく、気が散りやすいのが難点です。あちこちから舞い込む、耳寄りな話や人の噂に心がかき乱されがちな1年になります。

蠍座の最大の長所は、旺盛な探究心とずば抜けた集中力。普段はへらへらしていても、一旦スイッチが入ったら、とことん物事に集中して取り組めます。

ところが年が明けてもコロナ禍は続きそうです。政府の判断やマスコミの報道などに一々振り回されないためには、この事態に対する自分のスタンスをある程度決めることでしょう。

突き詰めて考えてみると「私と家族の命の守り方」を自分で決めるということ。コロナウィルスと戦うためのマイルールを家族で決めて、ブレずに仕事ややりたいことに取り組んでいきましょう。

また自分の家で過ごす時間を増やすことが、2021年、星を味方につける方法です。既に家族が在宅勤務となった人もいるでしょう。この1年は、「家」を仕事場、愛の巣、リラックススペース、そしてあなたの夢や希望を生み出す場所へと作り替えて欲しいのです。

現在の家ではそれが叶えられないと思うのなら、引っ越しもひとつの解決法。居心地のよい巣作りをすることが幸運につながるので、家具の配置換えやリフォーム、インテリア改造にも取り組んでみて。

仕事は基本、現状維持です。2月に持ち込まれる転職話やビジネスプランは、あとになって条件が変わる可能性があるので、浮かれて飛びつかないようにしましょう。

さて5/14~6/20は、幸運の木星が蠍座を強く応援してくれます。引っ越しや転職などの大きな決断も、ここでおこなえばその先よい流れに乗れます。この1カ月間に起こる出来事や出会う人々は、明るい未来につながります。

ただ待つのではなく自分からも何か仕掛けてみる。仕事の営業や趣味の発表会、歴史探訪や伝統のあるものに親しむと、今後のヒントが見つかる予感も。人生は一期一会です。5月まではしっかりエネルギーチャージを。

【蠍座】のラッキーフード|物事をゼロからやり直す力を与える

占星術では地球上にあるすべての食材は、天の星座や惑星と関係があると考え、その対応関係が長い間、研究されてきました。古代ギリシャ人はハーブと天上の星と病気との関わりを考え、古代ローマの料理人のなかには、占星術の知識を持つ者もいました。

ここで説明する星座と食べ物との関係は、星が授けてくれるちょっとした魔法のようなもの。ワクワクしながら食事をすると、健康にもきっとよい変化があるはずです。これはただ単にモノを食べるのではなく、楽しくそして創造的に食べようという提案です。

食材

蠍座の支配星は現在、冥王星ですが、その昔は火星でした。そのため野菜類は、ナスやにんじん、アスパラガス、赤ピーマン、また香りの強いにんにくやねぎ、ニラといった火星に支配されるものが、蠍座の食材になっています。

そのほか、菌を媒介とするきのこ類、青カビ系チーズ、また世界の発酵食品(キムチや腐乳)なども蠍座の食材といえます。またうなぎや穴子などを加えてもよいでしょう。ハーブ&スパイスは、バジル、クミン、カイエンペッパー

蠍座の食材は自分を変容させる力、また物事をゼロからやり直す再生力があります。

レシピ|自己変容を助ける「アスパラガスとポーチドエッグの前菜」

材料(2人分)

・アスパラガス(グリーンでもホワイトでもOK)……6本
・卵……2個
・酢……大さじ2杯
・オリーブオイル……大さじ1杯
・塩……適量
・粗挽き黒こしょう……適量
・パルミジャーノ・レッジャーノ……大さじ1杯
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS