1瓶5,000円!濃密な時を味わえる幻のラグジュアリーヨーグルト「クレマドール」

北海道ノースプレインファームの「オホーツクおこっぺ牛乳」と、厳選された蜂蜜・お砂糖の3つの材料だけで作るヨーグルト。それがクレマドールジャパンの「クレマドール」です。1日たった30~50個の限定販売!そして1瓶5,000円でも販売開始数分で売り切れるという幻のヨーグルトをご紹介します。

2020年2月27日 更新

ライター : さとけん

「毎日美味しいものさえ食べれれば、人は幸せになれる」 をモットーに、日々の食事を楽しみに生きています。

幻の超高級ヨーグルト「クレマドール」

1瓶5,000円にも関わらず、販売開始後すぐに売り切れる逸品

幻のヨーグルト”クレマドール” 300gでなんと5,000円という超高級品。 なんとスピーン1杯で計算すると約300円になる(笑) さらには販売開始してすぐに売れきれてしまうようだ。 さて、そこにはどんな理由(わけ)があるのか。 そのこだわりを紐解いていきましょう。

原材料にこだわり抜いたゆえの1日30~50個の限定販売

「クレマドール」は、生乳、はちみつ、砂糖だけで作ったヨーグルト原料の生はオホーツク海近くの北海道興部町という町の50頭の牛からしか取れない貴重な生乳を使用。 はちみつと砂糖も厳選した国産のものを使用している。 その牛へのこだわりもすごい。 広大な牧草地で、快適な生活を送っているため、ストレスがかからず、健康体なんです。 管理も徹底しており、一頭一頭の個性を把握し、それぞれ食事量や、放牧、搾乳のタイミングを調整しているんです。 ※ちなみにこれらのこだわりから以前は1日限定10個のみの販売だったそう
オホーツク海に近い北海道興部町にある牧場の土壌にはカルシウムなどのミネラルが多く含まれており、牧草をはじめとする多様な生命がバランスよく共生しています。この恵まれた環境を守るため、化学肥料を使わずに牧草が生き生きと育つ土作りを行っています。

出典: cremador.jp

クレマドールの語源

クレマドールの語源は「黄金に輝くクリーム」を意味するフランス語の造語からなるそうです。
「生乳に関しては、日本全国北から南までたくさんの農場を訪問。その中で、牛の育て方からヨーグルトの作り方までを学んだのだとか。」

出典: laclog.lac-key.bz

蜂蜜や砂糖へのこだわりについて
「いまや貴重になっているニホンミツバチの蜂蜜を使っているのですが、これはほぼクレマドールが買い占めています。お教えできないのですが砂糖も特別なものを使っています」

出典: laclog.lac-key.bz

「CREMA D'OR」に込めたメッセージ

「体によくない」イメージがあるスイーツ。それでも食べたくなるのは甘いものを食べた時の幸福感を味わいたいからではないでしょうか。同じ食べるなら、美味しくて身体を健康にしてくれるものが理想的。その思いを形にしたのがクレマドールです。身体のことを考え、着色料・香料・保存料などの添加物は一切使用していません。お子様でも安心してお召し上がりいただけます。
濃厚な生乳のなめらかな食感と、乳酸菌が醸し出すフレッシュで適度な酸味、はちみつの香り高い風味とやわらかな甘さ。まじりけのない上品な味を求め、数々の食材から本当に信頼できる美味しいものだけを選び、完成したヨーグルト。ディナーの後のスイーツとして、大切な方への贈り物に・・・etc. これまでのヨーグルトのイメージをくつがえす「至福の時間」が味わえる逸品に仕上がりました。

出典: cremador.jp

構想から5年の月日が流れ、 こうして「黄金のクリーム」を意味する造語、 幻のラグジュアリー・ヨーグルト「クレマドール」が生まれました。 みなさんもぜひ1度口にしてみてはいかがでしょうか?

実際に食した方の感想

とっても『ヨーグルト』というカテゴリーでは間違いなく収まらないレベルな味わいでヨーグルトというよりも、レアチーズケーキに近い気がします。良い意味で今までのヨーグルトの概念を覆されました新しい別のデザートのようです。

出典: www.susi-paku.com

食べてみると、見た目通りのとろっとした舌触り。生乳そのものの旨味と、濃厚なはちみつと砂糖が混ざり非常にコクのある甘さって感じです。鼻に抜けるはちみつの香りも絶妙で
甘すぎず、適度な酸味により『あぁ、なるほどヨーグルト』だと感じます。

出典: www.susi-paku.com

お買い求めはこちらから

なお、毎日昼の12時から販売開始。 1人2個まで購入可能とのこと。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS