ライター : やむ

温泉旅行好きグルメライター

温泉ソムリエの資格をもつフリーライター。持ち前のリサーチ力と行動力でたくわえた、おいしいグルメ情報を発信します。

ヨーグルトのトッピングを楽しもう♪

ヨーグルトはいろいろな食材と合うため、トッピング方法も豊富。本記事では、ヨーグルトのトッピングとして定番の食材から、意外と相性のいいものまで豊かなラインアップをご紹介します。

市販の食品で簡単に!ヨーグルトトッピングアイデア7選

1. しっかりと甘さをプラスできる「フルーツジャム」

プレーンヨーグルトのなかでも脂肪ゼロタイプを食べるときは、少量でしっかり甘さを感じられるフルーツジャムをトッピングしてみましょう。いちごやブルーベリーなどの定番ジャムだけではなく、さっぱりとした酸味でさわやかに食べられるマーマレードもおすすめです。

ジャムは開封後の賞味期限が短いので、一度に数種類使うよりも1~2種類に絞り、食べきりやすいサイズを選ぶといいですよ。

ITEM

明治屋「果実実感ジャムざくざくオレンジマーマレード」

¥356〜

内容量:340g 原材料:かんきつ類(オレンジ、バレンシアオレンジ、ネーブルオレンジ)、砂糖類(砂糖、ぶどう糖)、ゲル化剤(ペクチン)、酸味料、香料

※2021年5月20日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

2. ザクザク食感を楽しめる「ミックスナッツ」

甘いものが苦手な方は、ヨーグルトにミックスナッツをトッピングするのがおすすめ。油や塩を使わない素焼きタイプであれば、カロリーや塩分が気になるときも食べやすいです。

アーモンドやカシューナッツは、素焼きタイプでもナッツ本来のやさしい甘さがあり、ザクザク食感がアクセントに。ヨーグルトとマッチさせたいときは、砕いたミックスナッツをトッピングしてください。

ITEM

アシストフード「ミックスナッツ」

¥2,372

内容量:1kg 種類:生クルミ、素焼きカシューナッツ、素焼きアーモンド 特徴:無塩、食物油不使用

※2021年5月20日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

3. 使い勝手がいい「ドライフルーツ」

ドライフルーツはレーズン、バナナ、ベリーなどのさまざまなフルーツを一度に楽しめるのが魅力です。生のフルーツよりも賞味期限が長く、少しずつ食べ進めることができます。

ヨーグルトだけではなくサラダやドレッシングなどにも使えるので、活用の幅が広いのもうれしいです。フルーツ本来の甘さが好みの方は、砂糖不使用タイプを選んでくださいね。

ITEM

神戸のおまめさんみの屋「トロピカルフルーツミックス」

¥1,190〜

内容量:1kg 原材料:レーズン(植物油、アメリカ産)グリンレーズン(ネオマスレーズン、中国産)マンゴー(さとう、マンゴー、クエン酸、漂白剤、タイ産)パイン(さとう、パイナップル、クエン酸、漂白剤)など

※2021年5月20日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

4. 体にやさしい「はちみつ」

健康が気になるときは、はちみつトッピングが最適です。液状なのでヨーグルトと混ざりやすく、のどにやさしいのがポイント。体調がすぐれないときでも食べやすいですよ。より健康面に配慮したいときは、スーパーフードとして知られるマヌカハニーをトッピングしてみましょう。

ITEM

MELITA(メリタ)「マヌカハニー」

¥3,480〜

内容量:250g

※2021年5月21日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

5. 和のデザートっぽく仕上げる「黒蜜」

ヨーグルトを和テイストに仕上げたいときは、黒密トッピングがおすすめ。特に和スイーツ好きの方にぴったりです。とろみのある黒蜜はヨーグルトとよく混ざり相性抜群。市販の黒密はもちろん、自家製であれば自分好みの甘さ・とろみの黒密を使いたい分だけ作れますよ。

ITEM

SUNC「純 黒みつ」

¥420〜

内容量:250ml 原材料:黒砂糖 賞味期限:2年

※2021年5月20日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ