3. 少し置いて味を馴染ませる

Photo by macaroni

全体がしっかりと混ざったら、5~10分ほどおいてからお召し上がりください。

はまりワンポイント

・保存する際は、清潔な保存容器に入れ、2〜3日以内にお召し上がりください
・タレにも副菜にも使えるように、ピーマンの切り方は短めの千切りがおすすめです
・ピーマンがしっかり浸かるよう、保存容器に合わせて調味料の分量を調節してください

次回はmacaroni料理家 らみーがチャレンジ

従来の無限ピーマンの概念を覆す、「タレ」になるピーマンのレシピが誕生しました。おかずとしてはもちろん、豆腐やお肉にも合いそうですね。

第4回目となる次回は、macaroni料理家のらみーが新たな無限ピーマンの考案にチャレンジします。お酒が好きで、アルコールに合うおつまみメニューを得意とするらみーは、どんな無限ピーマンを生み出すのでしょうか。乞うご期待!
企画 / 高崎 瑞輝(macaroni編集部)
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS