ライター : macaroni編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

登場するスタッフ

Photo by macaroni

教える人(左)
macaroni 料理家 / はまり @hamaly_12

制作会社で広告のスタイリングや企業へのレシピ提供に携わったあとにmacaroniへ。「よそ行き」でないお手軽絶品レシピと、心がふっと軽くなるようなスタイリングでmacaroniの料理コンテンツを盛り立てている。

撮影&リポートする人(右)
macaroni カメラマン / さねやん

広告、報道、雑誌などさまざまな分野の写真と関わったのち、macaroniに参加。フード撮影も人物撮影さながらに「かわいいね〜!」とほめるスタイルを貫く。

のっけ弁をきれいに盛り付けたい

盛り付けのコツを発信していく「盛コツ」シリーズ第1弾は、お弁当特集!1回目は「ごはん+おかず」のお弁当の盛り付け方を、2回目では「おにぎり弁当」の盛り付け方をビフォーアフターで紹介しました。

そして、3回目の最終回は近年人気が高まる「のっけ弁」の盛り付け方。のせるだけかと思いきや、じつは意外なコツが!? どうぞ最後までお付き合いください♪

Photo by さねしげかおり

1回目と2回目で使用したものと同様の食材です。今回はどんなお弁当になるのでしょうか?

フタを開けたときのワクワクは、“ぎっしり感”がキーワード!

お約束のリポート役・さねやんの失敗例がこちら。

Photo by さねしげかおり

さねやん:なんか、悪くないんだよ。でも、なんか全体的にぼやっとしてるって言うか……。のせりゃいいって思ってたんだけど違うの?ゴールが見えないっていうか……。

はまり:そうだねー。なんかもっと「アガる」感じにしたいよね。こんな感じはどうかな?

1. ごはんの詰め方

Photo by さねしげかおり

さねやん:そもそもごはんの量ってどれくらい?

はまり
:おかずにもよるけど、ごはんの量はだいたい5〜6割ぐらいを目安に盛り付けるといいよ。あとでおかずをのせやすいように、平らにね。おかずで隠れちゃうけど、ごはんがたっぷりあるから食べ飽きないように海苔を敷き詰めたよ。

2. メインおかずの詰め方

Photo by さねしげかおり

さねやん:ぼんやり現象の原因ってなんだろう。

はまり
ぼんやりの原因はきっと色かぶりや、白ごはんの面積の広さ、そしてぎっしり感がないからかな?「おかず+ごはん編」ではごはんの仕切りに大葉を使ったけど、ここでは、彩りとして大葉を添えてみたよ。のっけ弁なので、焼き鮭は真ん中にどどんと盛ろう!

Photo by さねしげかおり

さねやん:今回はごはんで底が浅くなってるけど、そんなときはどうやって卵焼きを詰めればいいんだろう?

はまり
:卵焼きに厚みがあって入りきらないときも、斜めに切った卵焼きが大活躍!なるべく同じ色が隣り合わないように、そして空間がスカスカにならないようにたっぷりおかずをのせてね。白ごはんだけ残っちゃうと絶望するからね(笑)。

3. つぶした梅で彩りを添えて、完成!

Photo by さねしげかおり

はまり:最後はつぶした梅をのせてみたよ。少し空間があっても海苔が見えておいしそうだけど、やっぱりぎゅっと詰まってるとそれだけで豪華な感じが出るよね。たとえそれが梅干しで埋まってても!

さねやん:そういう方法もありなんだね!毎日たくさんのおかずを作る余裕はないから、この方法は助かるな。これで無理しておかずをもうひと品用意しなくても問題ないね。

特集

FEATURE CONTENTS