ライター : macaroni編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

登場するスタッフ

Photo by macaroni

教える人(左)
macaroni 料理家 / はまり @hamaly_12

制作会社で広告のスタイリングや企業へのレシピ提供に携わったあとにmacaroniへ。「よそ行き」でないお手軽絶品レシピと、心がふっと軽くなるようなスタイリングでmacaroniの料理コンテンツを盛り立てている。

撮影&リポートする人(右)
macaroni カメラマン / さねやん

広告、報道、雑誌などさまざまな分野の写真と関わったのち、macaroniに参加。フード撮影も人物撮影さながらに「かわいいね〜!」とほめるスタイルを貫く。

“ちょうど知りたかった盛り付けのコツ”を連載で発信!

「盛り付けとか、季節の飾り付けとか詳しく教えてくれる記事があったらいいよね〜」なんて、2人のちょっとした雑談から生まれたこの企画。レシピの手順には載っていない「ちょうど知りたかった」コツをシリーズでお伝えしていきます♪

最初のテーマは「そういえば知らない!お弁当の詰め方のコツ〜ごはん+おかず編〜」。同じメニューでも盛り付けひとつで大変身!? 見た目にも“おいしい”お弁当の詰め方、教えちゃいます!

3ステップで覚える!お弁当の詰め方

Photo by さねしげかおり

今回は「毎日の普遍的なお弁当」をイメージして、和の食材を中心にスーパーで調達してきました。この食材たちを使って、「お弁当あるある」なお悩みを解決しつつ、おしゃれな「ごはん+おかず」弁当を仕上げていきます♪

バランスよく見せるポイントは、ごはんの詰め方!

ではさっそく、リポートしているわたくし、さねやんが詰めたお弁当(失敗例)から……。

Photo by さねしげかおり

さねやん:いつも悩むのは、卵焼きが毎回直立するボリュームのないおかずが沈む、謎の空間ができる、です(泣)。卵焼きは断面を見せたほうがかわいいのに、空間がなくてやむなく直立、かと思えばひじきや高さがないおかずは埋もれるし、それなのにお魚の上はガラ空き!どうすればおかずがもっとおいしそうに見えるのかな?

はまり:ふむふむ。じゃあそんなお悩みを解決する詰め方を教えるね。

1. ごはんの詰め方

Photo by さねしげかおり

さねやん:もしかして、ごはんの盛り方から違う方法があるのかな……?

はまり
:そう!じつはちょっとしたコツがあるよ。ごはんは滑り台のように斜めに盛ると、おかずに立体感が出せるようになるだけでなく、おかずの空間を広く使うことができるから試してほしいな。おかずとの仕切りに大葉を使えばそのまま食べられるうえに、華やかさもアップ!

2. おかずの詰め方

Photo by さねしげかおり

さねやん:ごはんは真っ直ぐにしか盛り付けたことがなかったなぁ。おかずひとつひとつの存在感を際立たせるにはどうすればいいのかな?

はまり
バランスよく詰めるコツは、面積が大きめのおかずから盛り付けていくこと。卵焼きのように平たいおかずは二段重ねにすれば、数もたくさん入れられるし、卵の黄色が目立ってお弁当全体の印象が明るくなるよ。鮭は横長なので、一番ボリュームがあるところをしっかり見せることを意識して配置してね。全部見せようと無理しなくてもOK。

特集

FEATURE CONTENTS