ライター : 廣瀬茉理

グルメライター

地方タウン誌でグルメライターをしてました!おいしいものは食べるのも、作るのも、大好き。美容にも興味が深々で、おいしくてキレイになれる欲張りな食べ物を探してます…。

大根おろし器の選び方のポイントとは?

種類豊富な調理器具、大根おろし器。選び方のポイントは、刃の素材と形、形状、手入れのしやすさの4つです。「使い勝手の良さ」と、「好きな食感の大根おろしが作れるかどうか」を基準にして選びましょう。

刃の素材で、使い勝手や耐久性が決まる

代表的な刃の素材は、ステンレス、セラミック、プラスチックの3種類です。

ステンレスはさびにくく耐久性があるため、長く使えます。また、セラミックは、金属よりも軽くさびにくい素材で、大根に金属特有のにおいが付きません。プラスチックはお手頃な価格ですが、耐久性はやや劣ります。

刃の形は、大根おろしの食感を左右する

細かな目の刃だと、雪のようにふわふわとした食感の大根おろしになります。もみじおろしのような香辛料と混ぜて作る大根おろしに便利です。

一方、粗い目の刃で作ると、シャキシャキとした食感で大根本来の風味を楽しむことができます。大根おろしの水っぽさ苦手な人にぴったりですよ。

形状には、受け皿付きとおろし金の2タイプがある

受け皿付きタイプの大根おろし器は、おろした大根を器でキャッチしてくれる便利な作りです。一度にたくさんの大根おろしを作り溜めることができます。

おろし金タイプの大根おろし器は、板状のおろし金を器の上でかまえて大根を削る昔ながらのタイプです。シンプルな作りなので、お手入れ簡単。収納も省スペースでOKです。

手入れのしやすさは、洗いやすさで選ぶ

長く使うには、手入れがしやすいものがおすすめです。特に、洗いやすいものはストレスなく使い続けることができます。

パーツが少ないシンプルな作りだと、片付けが非常に楽です。また、繊維がこびりつきにくいセラミック素材だと、洗う時間が短縮できますよ。

受け皿付きのタイプの大根おろし器おすすめ4選

1. ナカヤ化学産業「すべらないおろし器丸 白」

ITEM

ナカヤ化学産業「すべらないおろし器丸 白」

¥680

サイズ:148×128×60mm 容量:530ml 刃の素材:ポリスチレン(おろし板)

※2020年10月27日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS