ライター : 4575

子育てフードライター

小学生の子どもを持つママ、4575です。家事や仕事に忙しくてもおいしいごはんを作りたい!とレシピを日々研究中。作り置きや時短料理など、毎日のお料理を楽しく作るレシピをたくさん紹…もっとみる

計量スプーンの素材

ステンレス製

ステンレス製は、丈夫で傷が付きにくいのが特徴。汚れに強いため、油やソースなどを量っても簡単に洗い流すことができます。また、水はけが良く、拭いたらすぐに別の調味料を量れるのも魅力のひとつ。どんな調味料にも使用できる万能タイプです。

プラスチック製

プラスチック製は軽さが特徴。カラフルなセットになっているものが多く、キッチンインテリアのアクセントになりますよ。また、お手頃価格で購入できるため、汚れや傷が目立ってきたら気軽に買い替えることができる点がポイントです。

木製・陶器製

おしゃれなデザインのものが多いのが、木製や陶器製。素材ならではの温もりを感じられるのが特徴です。木製の計量スプーンは、水洗いすると乾きにくいですが、陶器製なら問題ありません。粉類を量るときは木製、さまざまな調味料を量るときは陶器製と使い分けると便利です。

計量スプーンの選び方

分量で選ぶ

普段よく使う分量が量れるものを選びましょう。一般的に、計量スプーンは小さじ(5cc)と大さじ(15cc)が基本。ほかにも、小さじ1/2杯が量れるものや、大さじ1杯より多く量れるものがあるので、用途に合わせて選ぶと良いですね。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS