ライター : やむ

温泉旅行好きグルメライター

温泉ソムリエの資格をもつフリーライター。持ち前のリサーチ力と行動力でたくわえた、おいしいグルメ情報を発信します。

フードプロセッサーとは

フードプロセッサー・ミキサー・ブレンダーは、用途が似ているものの、カットの仕方に違いがあります。

フードプロセッサーの基本的な役割は “食材のカット” で、カットの種類が多いことが特徴です。粗みじんやおろし、刻みなど、あらゆるカットに対応していますよ。

一方でミキサーやブレンダーは、粉末や液体になるまで食材を細かくするのに特化している調理器具です。

フードプロセッサーの選び方

サイズの選び方

フードプロセッサーは、0.5~2Lのサイズ展開が一般的です。カットする食材が少ない場合は0.5L、2~4人分の食材の下ごしらえをする場合は1.5~2Lサイズがおすすめ。

本体のサイズは大きいものが多いので、事前に収納スペースの寸法を測っておきましょう。

付属アタッチメントの種類

付属アタッチメントが付いていれば、料理の幅も広がります。パンの生地練りや、すりおろし、千切りができるものなど、機種によってアタッチメントの種類はさまざまです。

「回転速度調節機能」はみじん切りに便利!

カットする回転速度によって食材の仕上がりが変わります。たとえば、カットする速度が遅ければ粗みじん切り。速度がはやまるにつれて食材が細かくなり、高速だとペースト状になりますよ。

さまざまな料理に使いたい場合は、「回転速度調節機能」の設定段階が細かい商品がおすすめです。

みじん切りがしやすいフードプロセッサー5選

1. パナソニック「フードプロセッサー」

ITEM

パナソニック「フードプロセッサー MK-K81」

¥12,855〜

材質:[容器]ガラス サイズ:約幅15.4×奥22.5×高21.2cm 重量:約2.8kg(ナイフカッター使用時) 商品電力:120W 付属アタッチメント:粗おろし、おろす、刻む・するなど 速度調節:高速、あらびき、低速 カラー:白

※2020年11月24日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

5種類のアタッチメントで自由にカット

アタッチメントが5種類付いたフードプロセッサー。細かく刻むだけではなく、おろす、混ぜる、こねる、千切りなどのあらゆるカットが1台でできます。回転速度調節は3段階なので、希望の仕上がりに調節しやすいのも魅力です。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS