ローディング中

Loading...

お料理のレシピに出てくる、フードプロセッサーとミキサー。みなさん、その違いを説明できますか?さらにブレンダーは?今回は、フードプロセッサーとミキサーの違いやおすすめの使い方について詳しくご説明します。

フードプロセッサーとミキサーは違う?

スムージーや離乳食などを作る際に欠かせないフードプロセッサーやミキサー。最近では、これらの性能もどんどんあがり、野菜の栄養素を逃さないものや、果汁と繊維質を分けてくれるものなど、さまざまなものが登場しています。

そんなフードプロセッサーやミキサー。あなたはこれらの違いを説明できますか?どのような料理にフードプロセッサーを使い、どのような料理にミキサーを使うのか、ということが分かるとよいですよね。それぞれの違いを理解し、うまく使い分けてみましょう!

ミキサーの代用になるフードプロセッサー

両方とも揃えるのはコストの面から考えて少し難しいという方も、フードプロセッサーを購入すればミキサーの代用になります。ミキサーは、野菜や果物など固形の状態から液体へ変える際に使用しますが、フードプロセッサーの場合は、ミキサーよりも荒く、みじんきりやペーストといったイメージの方が強いかもしれません。

フードプロセッサーの場合、多少、果肉などは粗くなったりしますが、野菜や果物本来の食感を楽しむことができます。スープやジュースがメインとなるミキサーと違い、離乳食や煮込み料理など料理にも使えるのが最大のメリットといえるでしょう。細かい機能は製品により異なりますので、購入する際に確認してみてくださいね!

どちらを買うか迷っているという方でしたら、まずはフードプロセッサーから購入してみることをおすすめします。

ミキサーとはなに?

フードプロセッサーについてご紹介しました。一方、ミキサーは果物や野菜を固体から液体の状態へと変化させます。下部についている刃が素早く回り、具材をカットして撹拌。

ミキサーで作れる主な料理

ミキサーの特徴についてご紹介しました。ミキサーに適した料理は、ジュースやスムージー、スープといったものがあげられます。また、離乳食初期のペーストつくりにも良いかもしれませんね。

ミキサーでやりにくい作業

氷といった硬さのある食材は、ミキサーにかけると刃がかけたりしてしまう原因となります。最近では氷対応のものもありますが、やはり機械には少なからず負担がかかります。どうしてもスムージーなど氷を使ったものを作りたい場合は、事前に氷対応のものかどうか確認してから購入しましょう。

また、ミキサーの刃はガラス容器の下のほうについているだけで、ガラス容器全体には届きません

バナナ、キウイ、いちごといった、断面がくっつきやすい食材のみを混ぜようとすると、容器に張り付いてしまいます。こうなると、下で回っている刃では取ることができません。水分やくっつきにくい食材を加えて、対策しましょう。

フードプロセッサーとは?

フードプロセッサーの主な役割は料理の下ごしらえです。食材を粗めに切りながら混ぜていきます。ミキサーやミルとは違い、刃が容器のほぼ全体に届きます。そのため、お肉やお魚などの粘りの強い食材も調理が可能です。料理で例えるとみじん切りやタタキというとわかりやすいでしょうか。回転させる時間やモードにもよりますが、ミキサーよりも大分粗く仕上がります

また、フードプロセッサーでは以下の食材は使用しないよう注意が必要です。

・硬いもの(変形や詰まりの原因になります。)
・粘りの強いもの(山芋や納豆など。空気を含んで膨張するので容器からあふれてしまいます。)


その他、ミキサーやジューサーのようにさらさらとしたジュースを作ることも出来ないので、購入を検討されている方は目安にしてくださいね。

フードプロセッサーで作れる主な料理

フードプロセッサーは基本的に野菜や果物などの固体を、より小さな固体へと変化させてくれます。お肉をミンチに、お魚をつみれにといったイメージです。ものや性能にもよりますが、大根おろしや野菜のスライス、千切りができるものもあります。

ミルの代用にもなる

昨今のコーヒーブームにより、自宅でもコーヒーは豆からという方も増えてきているのではないでしょうか。

フードプロセッサーで豆がひけるかひけないかでいうと、答えはひけます!コーヒーミルの場合、単純にコーヒー豆を細かくするのではなく、豆を均一に挽くことを目的とした構造になっています。

香りやコーヒーの風味も味わいたいという方はやはりコーヒー専用のミルを購入されることをおすすめしますが、ただ豆が挽ければいいという方は、ぜひフードプロセッサーで試してみてくださいね。

ジューサーとの違いはあるの?

ジューサーとは果実を絞ることに特化した機械です。ジューサーは遠心分離機で液体とカスになる繊維質に分かれます。分かれるという点で、フードプロセッサーやミキサーとは違うものということが分かりますね。

一般的に、特に表示のないジューサーは高速ジューサーで、安価な機種が多く出回っています。

高速ジューサーは、高速に回転するカッター刃で素材をすりつぶします。一方で低速ジューサーはスクリューが素材を圧縮し、じっくりジュースを絞り出します。そのため、素材が空気に触れることが少なく、高速ジューサーのように栄養価の低下を招いたり、素材の風味を損なったりすることが少なくなります。ポリフェノール・ペクチン・葉酸・ビタミンCといった栄養素を一番、効率よく摂取できるのは低速ジューサーです。

関連タグ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

【朗報】マカロン食べ放題♡マカロンを家庭で作れるキット見つけたよー!

マカロンは買いに行くのではなく作る時代へ!マカロンと言えば、女の子の好きなスイーツでも間違いなく上位に食い込んでくるであろう1品。そんなマカロンをご家庭で作れるというハッピーなキットを見つけましたのでご紹介し…

美味しい魔法の粉!どのメーカーのホットケーキミックスがイイの?

おうちカフェにおすすめなのが、手軽にできるホットケーキですね。 しかし、たくさんある中から自分の好みに合うホットケーキミックスがどれなのかわからない人も多いのでは? そこでホットケーキミックスのレビューをまと…

あっと驚く簡単レシピ!ワッフルメーカーの活用アイデア10選

あなたのお家に「ワッフルメーカー」は眠っていませんか?食事からスイーツまで、あっと驚く簡単レシピをご紹介します!ワッフルのカリカリとフワフワ食感はどの料理にも合うんです♩あなたのアイデア次第でワッフルメーカー…

省エネになるかも?「電気ケトル」を使って料理ができるらしい!

すぐにお湯を沸かせる電気ケトル。ひとり暮らしの方は重宝しているかもしれませんね。その電気ケトルを使って、料理までしている人もいるようです。使い方によってはかなり便利&省エネになるとか!

電子レンジの掃除はチンするだけ!頑固な汚れもコレでばっちり♪

あなたの家の電子レンジは汚れていませんか?汚れは電子レンジをパワーダウンさせてしまっているそう…。めんどくさそうな掃除も実は簡単!チンするだけなんです♪頑固な汚れへの対処法も教えちゃいます!

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

おしゃれすぎるカトラリー7選!これで食事も楽しくなっちゃう♡

食事の際に絶対に必要なもの。それは「カトラリー」ですよね。世界中にはとってもおしゃれでかわいい、さらに便利なカトラリーがたくさんあるんです。今回はその一部ではありますが、ご紹介します☆

贈り物にもピッタリな大人気ブランド「マリメッコ」♡おしゃれな食器まとめ

日本でもとっても有名なブランド「マリメッコ」。花のイラストが印象的ですが、その他にもポップで素敵なデザインがたくさんあるんですよ!今回はそんなマリメッコのおしゃれでかわいい食器のまとめをご紹介します♪

便利な調理器具「クロックポット」の便利な活用方法まとめ

「クロックポット(スロークッカー)」をご存知ですか?日本ではあまり使われていませんが、アメリカではとってもメジャーな調理器具なんです!今回は「クロックポット」の便利な使い方をご紹介します♫きっと欲しくなります…

料理が楽しくなる♪毎日使いたいおしゃれな「まな板」まとめ

皆さんはまな板にこだわっていますか?料理の度に使うまな板だからこそ、こだわると生活がちょっとハッピーになるのかもしれませんね♪今回は毎日使いたくなるようなおしゃれな「まな板」をまとめました。皆さんもお気に入り…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

とうもろこしはレンジ調理で甘くなる♩ラップを使った時短でおいしい茹で方レシピ

6月~9月にかけてが旬のとうもろこし。暑い季節に茹でるのは面倒……なんて感じたことはありませんか?今回は、レンジを使ったとうもろこしの調理方法をご紹介!ラップを使った基本の方法や、皮ごと調理する裏技も♩茹でる…

お手軽なのに爆ウマ♩とうもろこしはレンジで皮ごと加熱が一番おいしい!

農家の人がオススメするとうもろこしの茹で方をご存じですか?それは、皮ごとレンジで加熱する方法!この記事では、レンジでの加熱時間や、作り方のコツをご紹介。皮なしとうもろこしの調理方法も合わせてチェックしてみてく…

超時短で甘くなる♩とうもろこしをレンジでチン!の加熱時間は◯分でOK!

とうもろこしは、レンジで簡単調理がおすすめ!わずかな加熱時間で作れるので、鍋で茹でるよりも時短で手軽に楽しめます。この記事では、とうもろこしを皮ごと調理する方法と、皮なしでラップを使う方法の、調理時間や作り方…

ページTOPに戻る