フードプロセッサーとミキサーの違いって?料理で上手に使い分けたい!

お料理のレシピに出てくる、フードプロセッサーとミキサー。みなさん、その違いを説明できますか?さらにブレンダーは?今回は、フードプロセッサーとミキサーの違いやおすすめの使い方について詳しくご説明します。

2018年7月9日 更新

フードプロセッサーとミキサーは違う?

スムージーや離乳食などを作る際に欠かせないフードプロセッサーやミキサー。最近では、これらの性能もどんどんあがり、野菜の栄養素を逃さないものや、果汁と繊維質を分けてくれるものなど、さまざまなものが登場しています。

そんなフードプロセッサーやミキサー。あなたはこれらの違いを説明できますか?どのような料理にフードプロセッサーを使い、どのような料理にミキサーを使うのか、ということが分かるとよいですよね。それぞれの違いを理解し、うまく使い分けてみましょう!

ミキサーの代用になるフードプロセッサー

両方とも揃えるのはコストの面から考えて少し難しいという方も、フードプロセッサーを購入すればミキサーの代用になります。ミキサーは、野菜や果物など固形の状態から液体へ変える際に使用しますが、フードプロセッサーの場合は、ミキサーよりも荒く、みじんきりやペーストといったイメージの方が強いかもしれません。

フードプロセッサーの場合、多少、果肉などは粗くなったりしますが、野菜や果物本来の食感を楽しむことができます。スープやジュースがメインとなるミキサーと違い、離乳食や煮込み料理など料理にも使えるのが最大のメリットといえるでしょう。細かい機能は製品により異なりますので、購入する際に確認してみてくださいね!

どちらを買うか迷っているという方でしたら、まずはフードプロセッサーから購入してみることをおすすめします。

ミキサーとはなに?

フードプロセッサーについてご紹介しました。一方、ミキサーは果物や野菜を固体から液体の状態へと変化させます。下部についている刃が素早く回り、具材をカットして撹拌。

ミキサーで作れる主な料理

ミキサーの特徴についてご紹介しました。ミキサーに適した料理は、ジュースやスムージー、スープといったものがあげられます。また、離乳食初期のペーストつくりにも良いかもしれませんね。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう