料理を美しく盛り付ける3つのコツ。ちょっとの手間でプロ級に!

料理の盛り付けを決める3つのコツ、彩りと高さ、そしてバランスについて解説します。盛り付け方を覚えれば、和食も洋食もレストランのような見栄えに仕上がりますよ。食材やお皿の選び方や、バランスのよい並べ方をチェックしておきましょう。

2017年12月6日 更新

覚えておきたい盛り付けの基本

基本的に料理の盛り付けは「彩り・高さ・バランス」の3つのポイントで構成されます。「3つのコツ」さえマスターしてしまえば、いつもの料理が3割増しでおいしそうに変わりますよ。

「盛り付け」の役割とは?

そもそも盛り付けとは、色彩や配置によって料理を視覚的に演出すること。規則正しく並んだお刺身の薄造りや、フレンチの色あざやかな装飾も、料理を美しく飾るための工夫です。見た目のインパクトが大きい「デカ盛り」も立派な盛り付けに含まれます。

盛り付けのコツその1 「彩り」

視覚的に重要なのが「彩り」。その彩りを整えると見た目に美しいだけではなく、おいしさにもつながるし、栄養バランスも整うのです。

おしゃれな盛り付け「基本の5色」

彩りの基本は、赤・黄・緑・白・黒の5色を取り入れること。緑黄色野菜を使ったり、トッピング食材で色を差し込んだり、できあがりの色を意識しながら食材を選びましょう。シンプルな白皿や黒い岩盤のお皿「スレート」を使えば、料理の色味がより際立って綺麗に盛り付けられますよ。

食欲をそそる緑色

特に緑色は料理になくてはならない色。一説によると、ヒトの遺伝子には自然の緑が食と結びついてるともいわれています。まさにごちそうの色と言うわけですね。緑の野菜は、加熱のしすぎで色が悪くなってしまわないよう注意して、料理にタップリ使いましょう!

食材を目立たせる「補色」

お刺身の付け合わせとしてよく用いられる大葉も、和食ので大切な役割を持った緑の差し色。赤と緑はそれぞれを補って目立たせる働きをするので、赤身のお造りには特におすすめです。

食器と食材の「コントラスト」

ハンバーグなど色の濃い食べ物には、白いお皿が似合います。メインの食材と食器の色をきっちり分けることでコントラストが生まれ、食材の存在感がアップするのです。付け合わせとしてにんじんやブロッコリーを添えれば、お皿全体が地味になるのを防ぐことができます。
▼詳しくはこちら!

盛り付けのコツその2 「高さ」

彩りの次に、大切なのが盛り付けの高さ。高低差をつけることにより、お皿全体が美しく見えるのです。このひと手間で美盛り度が上がりますよ。

和食に立体感をつける盛り付け

特集

SPECIAL CONTENTS