ちょっとのひと手間でプロ級に!料理の盛り付けのコツまとめ

オシャレなレストランみたいに美味しそうに料理を盛り付けたい!料理は盛り付け一つでぐんと変わるもの。基本の盛り付のコツさえ覚えれば、今日からお家がレストラン。

どうして美味しそうに見えないの?

アートな盛り付けがオシャレ

アートな盛り付けがオシャレ

料理の盛り付けが下手です。料理自体は美味しいと思うのですが、とにかく盛り付けが下手なんです。「目で楽しめる」ような白物ではありません(T△T)皆さんが実践している「盛りつけのコツ」を教えてください!

出典: detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

お店で食べる料理みたいに盛り付けたつもりでも何かが違う?・・・それはほとんどの理由がお皿に対して量が多すぎることが原因です。お皿いっぱいに盛りつけた料理では美味しそうに見えません。でもちょっとした簡単なコツを覚えれば料理は生まれ変わります。

覚えておきたい盛り付けの基本

基本的に料理の盛り付けは「彩り・高さ・バランス」の3つのポイントで構成されます。

その『3つのコツ』さえマスターしてしまえば、いつもの料理が3割増し美味しそうに変わります!

コツその1 『彩り』

視覚的に重要なのが『彩り』。その彩りを整えると見た目に美しいだけではなく、おいしさにもつながるし、栄養バランスも整うのです!
彩りの基本は“赤・黄・緑・白・黒”の5色。
特に緑色は料理になくてはならない必ず使うべき色でもあります。ヒトの遺伝子に自然の緑が食と結びついてる事が刷り込まれていると言われています。まさにごちそうの色と言うわけです。加熱で緑を失くさないよう注意して、料理にタップリ使いましょう!

コツその2 『高さ』

彩りの次に、大切なのが高さ。高低差をつけることにより、より美しく見えるのです。このひと手間で美盛り度が上がります!
プロの方はしっかりと高さをだしてます。

プロの方はしっかりと高さをだしてます。

とにかく料理というものはベタリと平面に盛り付けると食欲が湧きません。立体感を出す。これが基本です。

出典: temaeitamae.jp

繊細で華やかな盛り付けが完成!

繊細で華やかな盛り付けが完成!

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

keiko39

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう