2. フォークとナイフでいただくとろとろアボカドの巣ごもりトースト

Photo by macaroni

低糖質食材である卵、アボカド、ベーコンをのせるトーストレシピ。食パンを低糖質のものに変えれば、さらに糖質オフが可能。卵とベーコンでたんぱく質をしっかり補給できます。食べ応え十分で見た目も華やかな朝食は、一日の始まりに元気をチャージできますね。

3. ミキサーで手軽に!2層のみどりスムージー

Photo by macaroni

キウイとバナナ、さらに低糖質食材の小松菜を使用するスムージー。ミキサーひとつでパパッと作れて、ビタミンやカリウムを手軽に摂取できます。余裕がない朝でも、飲み物なら移動中やすきま時間に朝食が摂れますね。爽やかな味わいで、食欲がない朝にもおすすめです。

4. 低糖質で本格的!高野豆腐キッシュ

Photo by macaroni

通常のキッシュはパイ生地を使用しているので糖質が高いですが、このレシピでは高野豆腐を生地代わりにするため低糖質です。和食で使われることが多い高野豆腐は、アレンジしだいで洋食にも変身。休日の朝食におすすめのひと品ですよ。

5. 朝食の定番メニュー!巣ごもり卵

Photo by macaroni

朝食の定番といえる巣ごもり卵は、低糖質なメニューでもあります。シャキシャキと食べ応えのあるキャベツが、起きたばかりの体にエンジンをかけてくれます。味付けは塩こしょうのみとシンプルですが、チーズと卵を加えることでコクが出ますよ。食材は前日の夜にあらかじめ切っておけば、調理時間の短縮になります。

糖質制限中でも朝食はしっかり食べよう!

朝食は体内時計を整えたり、睡眠中に休んでいた脳や体を起こしたりと重要な役割を持っています。朝食を抜くと体が太りやすい状態になるので、忙しくても食べるように心がけたいですね。糖質制限中にパンやごはんを食べる場合は、糖質オフの商品を使ったり、量を調整したりと工夫することが大切です。自分の生活スタイルに合った朝食を見つけ、上手に糖質制限を続けましょう。
【参考文献】
(2020/09/15参照)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ