もっとラクに晩ごはんをつくることを考えよう

Photo by kazuhiro gohda

宣言どおり、大橋さんはたったの20分で一汁三菜の晩ごはんをつくってくれました。
それがこちら!
鶏肉と卵の親子煮
鶏ハムのネギ塩だれ
トマトとブロッコリースプラウトのごま酢和え
なすと豆腐とめかぶの味噌汁
白米

実際にごちそうになったのですが、野菜とタンパク質がバランスよく入っているうえにボリュームも十分。いろどりもきれいで目にも楽しく、とてもおいしかったです!これだけの内容のごはんが毎日ちゃんと食べられるのなら、多少手抜きをする部分があってもいいのではないかと思いました。

大橋さんの動きはひとつも無駄がなく、次に何をするべきか、どうすればラクにできるかをしっかりと考えて料理をしていることがわかりました。動画でお見せできないのが本当に残念!
ちょっとした工夫で料理の時間は短縮できるはずなので、省けるところは省いて、ラクな気持ちで日々のごはん作りを楽しみましょう。
取材・文/福田彩(macaroni編集部)
写真/合田和弘
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS