くずきりは何キロカロリー?糖質量やダイエット効果について調べてみた

どことなく低カロリーでヘルシーそうなイメージのある「くずきり」。しかし、実際のところカロリーはどれくらいあるのでしょうか?今回は、気になる糖質量や栄養成分、ダイエット効果などについて調べてみました。すると驚きの事実が……!?

くずきりのカロリー

くず粉を水に溶かして固めた「くずきり」ですが、そのカロリーはどれくらいなのでしょうか。ゆでた状態のくずきりは、100gあたり135kcal。一回に食べる量はだいたい100gなので、食べるときもこのカロリーで考えましょう。

この数字、いかがでしょうか。「思ったより高カロリーかも?」と考えた方が多いのではと思います。より分かりやすくするために、似たような食材と比較してみましょう。

ほかの食材との比較

今回は、くずきりの類似食品として「ところてん」「寒天」「春雨」の3つと比べてみたいと思います。

100gあたりのカロリー

ところてん  2kcal
寒天     3kcal
春雨(ゆで) 84kcal

なんと、もっとも高カロリーな春雨と比べても、くずきりはかなりカロリーが高いことが分かります。ヘルシーだと思って食べていた方にとっては、衝撃的事実ではないでしょうか。

くずきりの糖質量

高カロリーであることが判明してしまったくずきりですが、糖質量はどうでしょうか。くずきりの糖質量は、100gあたり32.5g。なんだか多いような気がするこの数字……。カロリーと同じように、類似食品と比べてみましょう。

ほかの食材との比較

上と同様に、糖質量も「ところてん」「寒天」「春雨」の3つと比較してみます。

100gあたりの糖質量

ところてん  0.0g
寒天     0.0g
春雨(ゆで) 19.1g

やはり、ここでも春雨が圧倒的に糖質量が高いですが、くずきりのほうが上回っています。そして、ところてんと寒天が驚異の0.0g!

くずきり(葛)の栄養と効能

カロリーや糖質量がほかの類似食品を上回ってしまったくずきりですが、ほかにはどのような栄養成分が含まれているのでしょうか?原料となる「葛(くず)」の栄養成分と効果効能について調べてみました。

サポニン

体内に細菌やウイルスが侵入すると、ナチュラルキラー細胞という細胞が稼働して戦ってくれます。葛に含まれる「サポニン」という成分には、そのナチュラルキラー細胞をより活性化させる作用があり、免疫力を上げる効果が期待できますよ。

イソフラボン

大豆に多く含まれていることが有名な「イソフラボン」ですが、実は葛にも含まれているんです。イソフラボンには、骨の中のカルシウムが外に溶け出しにくくなるよう働きかける作用が認められており、骨がもろくなってしまうことを防ぐ効果が期待できます。

くずきりのダイエット効果

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ぽん

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう