15分で完成!ワタナベマキさんに習う、スパイスカレー

カレーが恋しく感じる夏がいよいよ到来。市販のルーでつくるカレーもおいしいですが、たまには本格的な味に挑戦してみませんか。人気料理家のワタナベマキさんに、大人も子どもも楽しめるスパイスカレーのつくり方を教えていただきました。

2020年7月31日 更新

作り方

1. 鍋にオリーブオイル、にんにく、しょうが、クミンシードを入れ、中火にかける。

2. 香りがたったら玉ねぎを入れて透き通るまで炒め、合い挽き肉を加えて肉の色が変わるまで炒める。

3. ひよこ豆、酒を加えてふたをし、弱火で約2分蒸し炒めをする。ふたを開け、クミンパウダー、ターメリックパウダー、カイエンペッパー、ウスターソースを加えて炒める。

4. 塩、粗挽き黒こしょうを加えて味を調える。

「チャナマサラカレーとは、チャナ豆(ひよこ豆)を使ってつくるインドカレー。汁気がなく、豆の煮込み料理のように仕上げます。合い挽き肉をしっかり炒めて旨みを引き出すことが味のポイント。トマトやなすなどの野菜を入れてもおいしいです。」

2. 肉と野菜の旨みが溶け込んだ「鶏肉のスープカレー」

Photo by kan kanbayashi

材料(2〜3人分)

・鶏もも肉(骨つき、ぶつ切り)……4、5個(350g)
・玉ねぎ……1個
・ズッキーニ……小1本
・パプリカ(赤、黄)……各1/2個
・にんにく(みじん切り)……1片分
・しょうが(みじん切り)……1片分
・クミンシード……小さじ2杯
・クミンパウダー……小さじ1/2杯
・ターメリックパウダー…… 小さじ1杯
・カイエンペッパー……小さじ1/4〜小さじ1/3杯
・酒……大さじ2杯
・水……500ml
・ナンプラー……大さじ1杯
・しょうゆ……大さじ1/2杯
・塩……少々
・こしょう……少々
・オリーブオイル……大さじ1杯

作り方

1. 玉ねぎは6等分のくし形に切る。ズッキーニは1.5cm厚の輪切りにする。パプリカは種をとり、縦に1.5cm幅に切る。

2. 鍋ににんにく、しょうが、クミンシード、オリーブオイルを入れて、中火にかける。

3. 香りがたったら鶏肉を入れ、焼き目をつける。

4. 1を加えて油がなじむまで炒め、酒、水を加えてひと煮立ちさせ、アクを取る。

5. ふたをして弱火で約12分煮る。ふたを開けてクミンパウダー、ターメリックパウダー、カイエンペッパー、ナンプラー、醤油を加えさらに5分煮る。

6. 塩、こしょうを加えて味を整える。

「北海道グルメのひとつとして有名なスープカレーは、鶏の骨つき肉を使うことで味にコクが出ます。長く煮込まなくても、弱火でさっと煮るだけで大丈夫。旨みは十分にスープに溶け込みます。野菜は火の通りやすいものを選ぶといいですね。」

3. みんな大好き「バターチキンカレー」

Photo by kan kanbayashi

材料(2〜3人分)

・鶏もも肉……2枚(300g)
・玉ねぎ……1個
・トマトホール缶……1缶
・白ワイン……50ml
・生クリーム……100ml
・薄力粉……大さじ1と1/2杯
・にんにく(みじん切り)……1片分
・しょうが(みじん切り)……1片分
・クミンシード……大さじ1杯
・クミンパウダー……小さじ1杯
・ターメリックパウダー……小さじ2杯
・バター……15g
・オリーブオイル……大さじ1杯
・塩……小さじ1杯
・粗挽き黒こしょう……少々

特集

FEATURE CONTENTS