調理の工夫で「きらい」を「好き」に変えてみよう

いかがでしたか?

上記のポイントを押さえて調理しても、まったく苦くないかといえば、そんなことはありません。ただ、苦味を抑えて作ってあげれば、苦味が苦手な方(特にお子さん)も徐々に食べられるようになるかもしれません。

ゴーヤーはもちろん、ほかの野菜も苦手だから食べない!ではなくて、どう調理すればおいしく食べられるかを考えたいですね。好き嫌いなく、バランスのとれた食事を摂ることはとても大切です。

旬のゴーヤーを使って、ぜひ作ってみてくださいね。
マカロニメイトは随時募集中!登録は以下のリンクからどうぞ!

特集

FEATURE CONTENTS