プロのアイデアで食卓に彩を!野菜の作り置き、保存食レシピ

蒸し暑い日が続き家にいる時間も増えたことで、毎日の料理がちょっとおっくうに……。そんな人のためにプロのアイデアが満載の作り置き&保存食レシピをご紹介します。しっかり野菜を摂取することで、バテない体を手に入れましょう。

2020年6月30日 更新

ライター : FOODIE

三越伊勢丹グループが運営する食のメディア

「FOODIE(フーディー)」は、三越伊勢丹が運営する食メディア。季節の食べ物や注目のスイーツ、使い続けたいキッチングッズ、食器など、あなたのライフスタイルを彩る、あらゆる食情報…もっとみる

この記事は、三越伊勢丹が運営する、「FOODIE」の提供でお送りします。
蒸し暑い日が続き、家にいる時間も増えたことで、毎日の料理がちょっとおっくうに……。そんな人のために、今回は、プロのアイデアが満載の作り置き&保存食レシピをご紹介します。

マリネやピクルス、コンフィなど、そのまま盛り付けて食卓へ出すだけでおしゃれなひと皿になるメニューばかり。食材が傷みやすくなるこれからの時期にも役立つ一品を手作りしてみましょう!

干し野菜、マリネにピクルス。「自家製保存食」の基本

保存食作りの基本、「干す」&「漬ける」工程をプロが解説します。「干し野菜」「マリネ液」「ピクルス液」の作り方を覚えたら、あとは野菜を投入するだけ!

幅広い材料に合う味付けなので、傷みやすい野菜の使い切りにもぴったり。万能調味料「ニンニクのオイル漬け」のレシピ付きです!

2ステップで完成の「サラダピクルス」~酸っぱくない! まろやか!

「サラダピクルス」をまろやかな味わいに仕上げるコツは、「寿司酢」を使うこと! 寿司酢で味のベースが決まるので、たったの2ステップで完成します。

生ハムとオリーブオイルをプラスすれば、おしゃれな前菜が手軽に完成。軽やかな酸味で、子どもにも食べやすい一品です。

ビタミンカラーが映える! 夏野菜のマリネ・スカペーチェ・コンフィのレシピ

カラフルな夏野菜を使ってできるマリネ、スカペーチェ、コンフィの作り置きレシピを、青果のプロが教えます。

すべて1週間程度保存がきくのもうれしいポイント。保存容器にこだわって“見せる”保存食にしてみるのもおすすめです。食卓に映えるビタミンカラーから元気をもらいましょう!

切って混ぜるだけ! アレンジ自在の野菜の作り置き

「切って混ぜるだけ」で、そのまま食べてもよし、料理に混ぜたりかけたりしてもよし! な野菜の作り置きが完成。どんな料理にも合わせやすい味付けで、汎用性は抜群です。

紹介するのは、「トマトのナンプラー漬け」「ニラポン」「オクラとエノキのネバネバ漬け」の3種類。アレンジレシピの例もぜひ参考にしてみて。
簡単に作れて、食卓に彩りを添えてくれる手作りの作り置き&保存食。おうち時間にぴったりのメニューを常備してみませんか。
提供元:

特集

FEATURE CONTENTS