発酵マイスター田中菜月さん直伝!オクラと納豆醤油こうじの常備菜の作り方

発酵にまつわるエッセーの執筆からレシピ監修、イベント開催まで幅広く活躍している発酵マイスターの田中菜月さんに、オクラと納豆、こうじを使った常備菜を教えていただきました。冷奴の薬味やご飯のおともとして重宝すること間違いありません。

2020年6月30日 更新

ライター : VEGEDAY

VEGEDAYは、カゴメが運営する、野菜をもっと楽しんでもらえるように、もっと好きになってもらえるように、皆さんがずっと健康でいられるように、お役に立てる情報を提供するメディアで…もっとみる

この記事は、毎日の生活を野菜で楽しく、 カゴメが運営する野菜専門メディア「VEGEDAY」の提供でお送りします。

オクラと納豆醤油こうじ

発酵好きにはたまらない常備菜。こうじが少し余ったときに思いついたレシピです。生こうじを入れると自然の甘みとまろやかな風味になります。甘口にしたい場合は、こうじの量を増やして作ってみても良いですね。

材料(2人分)

・オクラ:5本

・納豆:1/2パック(約20g)

・生こうじ:30g

・醤油:150ml

作り方

1. オクラは、塩(分量外)をすりこんで細かいうぶ毛をとり、水洗いして、約5mm幅に切る。

2. 1と納豆、生こうじをボウルに入れてざっくりと混ぜる。

3. 2を保存ビンに入れ、醤油を注ぎ冷蔵庫で保管する。

memo

・保存ビンは、いっぱいに醤油を注ぐため、材料がちょうど入るサイズを選びましょう。
・1日1回ほど混ぜると、1週間後から生こうじがとろっとなじんでおいしくなります。
・すぐ食べたい場合は生こうじを、1週間ほど置いてから食べる場合は乾燥こうじでもOKです。

最後に

冷奴の薬味やおむすびの具材、また蒸し野菜のあえ衣などシンプルな料理によく合います。ぜひ試してみてください。

田中菜月/Natsuki Tanaka

2011年体調を崩した時に、りんご酵母と出会う。2012年ファスティングと発酵の資格を取得。2015年発酵と藝術が融合した田中菜月発酵展「醸し醸され~春うらら~」開催。同年、発酵食のワークショップ「Natsuki’s HaCcOoo Lab」スタート。東京と名古屋をベースに発酵の根源的魅力を伝え続けている。近年では、絶滅危惧種の発酵食や常滑焼の復興活動の他、CALPIS・LEXUSなどの企業や発酵居酒屋のプロデュースも手掛けている。ホームページ/Instagram
最終更新:2020.06.10
文・写真:田中菜月 監修:田中菜月、カゴメ
提供元:

特集

FEATURE CONTENTS