ライター : akiyon

犬のお散歩と毎日のお弁当作りにいそしむ主婦です。「食」と「暮らし」を大切にしています。魅力あるお弁当の作り方や、新商品の食レポなど、暮らしに役立つ情報をお届けします。

フライパンはどうやって捨てるの?

家庭の調理に欠かせないフライパンは、頻繁に使うだけに案外寿命が短いもの。特にテフロンやセラミックなどの加工がされているものは、あまり長持ちしませんよね。

いざ処分しようと思ったときに、まず知りたくなるのが「捨て方」なのではないでしょうか?この記事では、フライパンの捨て方に焦点を当てて、コツやポイントをご紹介します。

自治体のルールをチェック!

まず、各自治体が決めた「ごみの捨て方」をチェックしてみることが大切!どの種類のごみとして扱うのか、またどうやって出すのかなどは自治体によって異なるので、自分の住んでいる地域の正しいルールを調べてみましょう。

フライパンの捨てどきは?

フライパンを捨てるタイミングがわからずに、コンディションのよくないフライパンで効率の悪い調理をしていることも。「フライパンの捨てどき」とは、いったいどんな状態のときなのでしょう?

コーティングが剥がれている

フッ素などのコーティング加工がされたフライパンは、扱いに注意しないとコーティングが剥がれ落ちて料理がくっついてしまいがち。たとえばせっかく作った餃子がこびりついて、ガリガリとこそげ取っているうちに台無しになってしまったことはありませんか?そんな状態になったら、捨てるタイミングと思っていいでしょう。

焦げつきが取れない

頑固な焦げつきが蓄積すると、どんな手入れをしても取れなくなってしまうことも。料理に均等に効率よく熱が伝わらず、上手に調理できなくなってしまいます。そんな場合は、思い切って処分しましょう。

持ち手の不具合

フライパンの持ち手は、ぐらぐらしたり取れてしまったりすることがあります。ネジを調整するなどの修理で直せない場合は、捨てどきのサイン。安全に調理するためにも、処分してしまいましょう。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS