お手伝いがぐんぐん上達!我が家が選んだ子供用包丁

macaronの公認コミュニティー「マカロニメイト」が、オリジナルレシピやライフスタイルを紹介する記事を毎日お届け。今日は、大人も子供も喜ぶごはんが好評の@rrrrriiiiiさんが、息子さんに買い与えた子供用包丁と、息子さんが可愛くお手伝いする様子を紹介してくれるそうですよ〜!

2020年1月14日 更新
プロフィール

Photo by rrrrriiiii

我が家が選んだ子供用包丁をご紹介

台所に立つ息子

Photo by rrrrriiiii

いつからか自然とお手伝いが好きになり、私が台所に立つと「お手伝いするー!」とごはん作りを手伝ってくれるようになった息子。

最初は野菜を洗うのを手伝ってもらったり、ゆで卵の殻を剥いてもらったり。そのうち卵を割って混ぜてもらったり、おにぎりを握ってもらったり、餃子を作ってもらったりして。段々とお手伝いのレベルをあげていく息子を見ていて、そろそろ包丁デビューをさせてみようと思い、子供用包丁をプレゼントしました。

今回は、そんな我が家が選んだ包丁と、息子のお手伝いの様子を紹介させてください。

選んだのはオピネルの子供用包丁

オピネルのナイフ

Photo by rrrrriiiii

アウトドアナイフの定番メーカー、「オピネル(OPINEL)」。そのオピネルから子ども向けの「シェフナイフ&プロテクトフィンガー」が出ているということで見てみると、デザインがすごく好みで。木の持ち手、指を入れて固定する赤のリング、形、好きです(笑)。

デザインもさることながら、

・刃先を丸めた設計
・指をリングに入れて固定することで指を守り、子供も安心して使える
・指を保護するプロテクトフィンガーがついている

など、子供でも安心して料理ができるよう配慮されているところがとても気に入りました。

切れ味よし

野菜を切る息子

Photo by rrrrriiiii

切れ味は、大人が使ってもしっかりと切れます。切れない包丁を使うと作業が力任せになり、無理な力が入ってしまって指や手を怪我するのではないかと思っていたので、切れ味の良さは私の中で重要な項目でした。

また、切れない包丁に慣れてしまうと切り方に変なクセがついてしまうかもしれず、先々切れる包丁に切り替えた時、余計危険なのではないかという危惧がありました。そういう点からも、この包丁にしてよかったと感じています。

お約束はゆっくり切ること&猫の手

野菜を切る息子

Photo by rrrrriiiii

包丁にも徐々に慣れ、上手に切れるようになってきた息子。ですが、包丁を使う時にはゆっくり切ること猫の手を死守してもらっています。

せっかくのプロテクトフィンガーは息子がうまく使いこなせず、使わずに切っています。
まだ危なっかしいけれど野菜を切る息子

Photo by rrrrriiiii

まだまだ危なっかしいところもありますが、ひとつ間違えると危険だということを自分自身で体験しながら学んでいってほしいです。

息子のお手伝い欲が高まっているうちに、できる限りいろいろなことを経験してもらえたらなと思っています。
マカロニメイトは随時募集中!登録は以下のリンクからどうぞ!
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

rrrrriiiii

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう