ダイエット中は必見。コンビニでも買える太らない食べ物を管理栄養士が紹介

ダイエットがつらくなったとき、「いくら食べても太らない食べ物があればいいのに」と悩んだ経験はありませんか? そんなとき、低カロリー・低糖質な食べ物を活用すれば、太りにくい食事ができますよ。コンビニでも買える太りにくい食べ物をたっぷりご紹介します。

2020年1月8日 更新

7位 家計にもやさしい「もやし」

手ごろな価格でゲットできるもやしは、節約だけでなくダイエットの味方。1袋(約250g)あたりのカロリーは35kcal、糖質量は3.3gです。(※4)

ダイエット中にもやしを食べるなら、さっとゆでておひたしにしたり、汁物に加えるのがおすすめ。炒めると、油のカロリーが追加されてしまいます。めん類にトッピングしてカサ増しするのもよいですよ。

6位 食物繊維がとれる「きのこ類」

食物繊維を多く含むきのこ類は、カロリーが低い食べ物です。

・えのきたけ1袋(約85g)
カロリー……19kcal
糖質……3.2g

・ぶなしめじ1袋(約90g)
カロリー……15kcal
糖質……1.8g

・干ししいたけ2個(約3g)
カロリー……5kcal
糖質……0.7g

日持ちする干ししいたけには、ほかのきのこ類よりも多くのビタミンDを補給できるというメリットもありますよ。(※5)

5位 食感を楽しめる「きゅうり」

きゅうり1本(約100g)あたりのカロリーは14kcal、糖質量は1.9gです。水分が多いきゅうりは、1本まるごと食べても低カロリー。シャキシャキとした食感からも満足感を得られるので、ダイエット中にぴったりですよ。(※4)

きゅうりは洗うだけでそのまま食べられるのもうれしいポイント。副菜をつくる時間がないときに活躍する食材です。

4位 料理に使いやすい「キャベツ」

クセのない味わいで、さまざまな料理に合わせられるキャベツ。葉1枚(約50g)あたりのカロリーは12kcal、糖質量は1.7gです。(※4)

キャベツは加熱するとカサが減ります。少ない量で満足感を得たいなら、噛む回数が増えやすい生のままがおすすめ。サラダや千切りキャベツなどの副菜としてとりいれましょう。

3位 整腸作用をもつ「こんにゃく」

こんにゃくは約97%が水分でできており、低カロリーな食材の代表格。板こんにゃく1枚(200g)あたりのカロリーは10kcal、糖質量は0.2gです。(※6)

こんにゃくには、不溶性食物繊維の「グルコマンナン」が含まれているというメリットもありますよ。グルコマンナンには腸を刺激して排便を促す作用があるため、便秘気味の方におすすめです。(※7)

2位 低カロリー料理を作れる「寒天」

海藻のてんぐさから作られる寒天のカロリーは100gあたり3kcal、糖質は0g。低カロリー・低糖質な食材なので、ダイエット中にぴったりの食材です。(※8)

スープやサラダの具材にして食べごたえをアップさせたい場合は糸寒天を、コーヒーゼリーや果物ゼリーなど低カロリーなおやつを手作りしたい場合は粉寒天を選びましょう。
2 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

管理栄養士 / 渡辺りほ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう