ライター : 渡辺 りほ

管理栄養士

学校給食センターにて、管理栄養士として献立作成や食に関する指導に従事した経験から、子どもたちだけでなく幅広い世代への「食育」に興味を持つ。現在は在宅WEBライターとして、栄養学…もっとみる

きゅうりを食べるだけで痩せるわけではない

きゅうりは100gあたり14kcalと低カロリーな野菜です。ダイエット中の食事のカロリーを調整するのに役立ちますが、きゅうりを食べるだけで体重が減るわけではありません。

ダイエットを成功させるためには、一日に摂取するエネルギー量よりも多くのエネルギーを消費することが重要です。

食事の量や質を見直したり、こまめに身体を動かしたりすることを意識したうえで、きゅうりダイエットに挑戦してみてくださいね。(※1,2)

きゅうりダイエットの効果

むくみ対策

きゅうり100gあたりには、カリウムが200mg含まれています。カリウムは塩分を体外に排出する作用があります。むくみの原因のひとつである、塩分の摂り過ぎ対策に役立つ栄養素です。

また、極端な食事制限をおこなった際に、カリウムが不足するとむくみを引き起こすおそれが。ダイエット中にむくみが気になる場合は、きゅうりのようにカリウムが豊富な食品を摂りましょう。(※1,3,4)

便秘対策

きゅうり100gあたりには、食物繊維が1.1g含まれています。食物繊維には整腸作用があり、便秘対策に役立つ栄養素です。また、腸内細菌を増やす作用があるため、腸内環境を整えてくれますよ。

ダイエット中に食事量を減らしたり、ストレスがたまったりすると、便秘になりやすくなります。食物繊維が豊富な野菜を意識して摂り、対策しましょう。(※1,5,6)

脂肪の分解をサポート

きゅうりには、酵素の一種である「ホスホリパーゼ」が含まれています。ホスホリパーゼは、脂肪の分解を助ける作用があります。

ホスホリパーゼは熱に弱いため、無駄なく摂るには、きゅうりを生のまま食べましょう。また、きゅうりをすりおろして摂り入れるのもおすすめ。きゅうりの細胞壁が壊され、酵素が活発にはたらくことが期待できます。(※7,8)

血流を促す

きゅうり100gあたりには、アミノ酸の一種である「シトルリン」が5〜10mg含まれています。シトルリンはウリ科の野菜に含まれる成分で、スイカやメロンなどにも豊富です。

シトルリンは血管の拡張を助けて、血流を促す作用があります。血行がよくなるため、むくみ対策に役立ちますよ。(※7,9,10,11)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ