ライター : leiamama

息子達は独立し、主人と娘(Mダックス)と毎日をいかに美味しく、楽しく過ごせるか模索中♪ ワーキングマザー時代に培った時短レシピが専門。テーブルウェアや調理家電も大好き!

かぼちゃの甘味がクセになる♪ ほうとう鍋の基本レシピ(調理時間:20分)

Photo by leiamama

「ほうとう鍋」といえば、山梨県民のソウルフード。小麦粉を練った太めの平打ち麺を、かぼちゃや根菜、キノコなどの野菜やお肉と一緒に、味噌仕立てのだしで煮込む素朴な料理です。とろみのある汁がモチモチの麺によく絡み、アツアツをふうふうしながら食べれば、体の芯からポカポカに!

ほうとう鍋は簡単に作れて栄養価も高く、消化にもいいことから、戦国時代には、武田信玄公が野戦食として用いていたとも伝えられています。具材に絶対欠かせないのが、かぼちゃ。地元では「かぼちゃほうとう」が一番人気です。味噌の塩味とかぼちゃの甘味が混じり合い、深みのあるおいしさを生み出します。

おうちでも簡単に作れる基本レシピをご紹介します。ぜひお試しください!

材料(2人分)

Photo by leiamama

・ほうとう(乾麺)……2人分
・豚こま肉……100g
・かぼちゃ……80g
・大根……5cm
・にんじん……1/4本
・白菜……2枚
・ごぼう(ささがき)……10cm
・えりんぎ……1本
・干しシイタケ……1枚
・長ねぎ……10cm
・ちくわ……1本
・酒……大さじ1杯

【鍋だし】
a. だし……800cc(水800ccに和風だし大さじ1杯を溶かしてもOK)
a. めんつゆ……大さじ2杯
a. 味噌……大さじ2杯

おいしく作るコツ・ポイント

短時間で仕上げたいときは、なるべく具材を薄めに切り、大きさをそろえるのがポイント。均等に火が通り、きれいに仕上がります。かぼちゃは煮崩れやすいので、かき混ぜすぎないように注意しましょう。

味噌によって塩味や甘味はさまざまです。味見をして調整してくださいね。

作り方

1. 材料の下ごしらえをする

豚肉や野菜は、食べやすい大きさに切ります。ごぼうはささがきにして、水にさらしましょう。干しシイタケの戻し汁は、捨てずにだしに加えます。かぼちゃは欠かせませんが、それ以外の具材はお好みの野菜を使ってもOKです。

2. だしを煮立たせる

Photo by leiamama

鍋にだしを入れて煮立たせます。

3. 豚肉をゆでる

Photo by leiamama

だしが煮立ったら、豚肉を入れます。豚肉の色が変わるまで火を通しましょう。アクをしっかり取り除くのも忘れずに。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ