ライター : TETOTETO

「てとてと」とは、料理を通して場を創造するおもてなし夫婦ユニットです。 東京 自由が丘にある築40年のビンテージマンションをフルリノベーションし自宅兼、てとてと食堂として完全予…もっとみる

旬の果物を使って、大人な「おもてなしサラダ」はいかがですか?

こんにちは!てとてとです。 私たちの自宅で開いている「てとてと食堂」では、旬のフルーツを使った料理を必ず出しています。 今回ご紹介するのは、その中でも人気の高かった「梨と春菊のサラダ」。 梨と春菊を使った、ちょっとおしゃれな大人のサラダです。 春菊は鍋などでよく食べられますが、「苦いから、にがて」という方もいるのではないでしょうか。春菊は火を通すと苦くなるのですが、実は生のままなら食べても苦くないのです。 そして、梨とは相性抜群。果物入りのサラダは珍しいのですから、おもてなしにもぴったりです。 とてもおいしい組み合わせなので、ぜひ試してみてください。

材料(作りやすい分量・約4人分)

春菊:1束 カイワレ大根:1束 梨:1/2個 生ハム:4~8枚(大きさに合わせてお好みで) ディル:お好みで 鰹節:お好みで 【調味液】 A 梅干し:1個 A 市販の玉ねぎドレッシング:40cc A かぼす果汁:1/2個 A 砂糖:小さじ1/2 A オリーブオイル:大さじ1

つくり方

1.春菊の下ごしらえをする

Photo by TETOTETO

春菊の葉を手でつまんで茎から外していきます。茎は使いません。

2.梨を切る

Photo by TETOTETO

梨の皮を剥いて、一口大の大きさに切りましょう。変色が気になるなら、レモン汁(分量外)を入れた水の中にくぐらせても良いです。

3.ドレッシングを作る

Photo by TETOTETO

梅干しをペーストにします。フォークの背を使って押し切るようにペースト状になるまですりつぶします。

Photo by TETOTETO

A をすべて合わせてドレッシングを作ります。

4.仕上げ

Photo by TETOTETO

春菊を軽く揉んで、ボール状にまとめて器に盛り付け、上からカイワレ大根で覆うようにして盛り付けます。その周りに、梨と生ハム、ディルを盛り付けたら完成です。 お好みの量の手作りドレッシングをかけて召し上がれ!
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS