ライター : Sucre*

スイーツ&ギフトラッピング認定講師

広島県のモデルルームのキッチンでパティスリー教室をしているSucre*(シュクレ)です。 ご自宅でも簡単に作れる季節のお料理、スイーツレシピを皆様にご紹介します。 2012.6 菓子製造…もっとみる

お菓子作りに不可欠!ベーキングパウダーとは

Photo by macaroni

ベーキングパウダーは、ふくらし粉、膨張剤とも言います。原料は重曹を主体とし、酸性剤などから作られています。重曹は二酸化炭素を発生させて生地に気泡ができ、お菓子をふくらませます。しかし重曹だけを使ったお菓子は黄色くなり少し苦みが出ます。苦みは重曹のアルカリ成分によるものです。 酸性剤を加えるのはなぜかというと、ベーキングパウダーに一緒に入っている酸性剤は、重曹のアルカリ性を打ち消す働きがあります。そのためベーキングパウダーを使うと白くて苦くないお菓子が仕上がるのです。今や、ふくらし粉の主流はベーキングパウダーとなっています。

ベーキングパウダーがない場合

ベーキングパウダーの代用には主成分である重曹(炭酸水素ナトリウム)があげられます。この重曹が二酸化炭素を発生させてお菓子をふくらませます。重曹は弱アルカリ性のため、焼き上がり後独特の色と味がつきます。生地に黒砂糖を入れて茶色のおまんじゅうを作ると和菓子のできあがりです。またホットケーキミックスを利用するとベーキングパウダーが含まれており、簡単にホットケーキ、スコーン、ワッフルなどできますよ。

ベーキングパウダー小さじ1杯って?

お菓子のレシピにはベーキングパウダー小さじ〇杯の記載が多いですね。では何g? お菓子作りに少量使用のベーキングパウダーの分量についてご説明します。小さじ1杯は4g、小さじ3分の2杯は2.6g、小さじ3分の1杯は1.3g、小さじ2分の1杯は2gです。お菓子作りにベーキングパウダーの0.1gはとっても大事です。少量使用のため、はかり(キッチンスケール)は、0.1g単位のものをおすすめします。0.1g単位で仕上がりの食感が大きく違ってくるのです。

ベーキングパウダー小さじ1杯のカロリーと糖質

お菓子作りが好き、食べるのも好き。お菓子のカロリーが心配ですがベーキングパウダーのカロリーまで気にする方はあまりいないのでは?お菓子レシピの分量にベーキングパウダー小さじ1杯はよくありますね。 小さじ1杯(5g)あたりのカロリーは4kcalです。糖質はたったの1.16gです。ベーキングパウダーのカロリー、糖質だけならそれほど気にならないですね。問題はお菓子には小麦粉、砂糖、そのほかこだわりだすとバター、生クリームなどかなり高カロリーの材料を使うため、食べすぎには注意しなれけばならないですね。(※1)

ベーキングパウダーを入れ過ぎるとどうなる?

苦味が増す

ベーキングパウダーは重曹が主成分なので、入れ過ぎると苦みが増します。重曹は加熱すると二酸化炭素と水と炭酸ナトリウムに分解されるのです。アルカリ性の炭酸ナトリウムが増えすぎることで、お菓子が苦くなってしまうんですね。

膨らまなくなる

ベーキングパウダーは入れれば入れるだけ炭酸ガスが多く発生します。一定の分量以上のベーキングパウダーを入れると、一度膨らみはするものの破裂してしまい、食感がボソボソになってしまいます。ベーキングパウダーの入れ過ぎは膨らまなくなる原因のひとつ。レシピの分量をまもることは大事です。

特集

FEATURE CONTENTS