冷凍庫におすすめの消臭剤5選

6. 薄くてどこにでも置きやすい!「キムコ スリムタイプ 冷凍室脱臭用」

ITEM

キムコスリムタイプ 冷凍室脱臭用

¥233

商品サイズ:幅7×奥行き1.8×高さ14.5cm、材質:ポリプロピレン、プラスチック、PET・アルミ成分を含む複合素材、不織布

※2019年11月28日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
冷蔵庫用消臭剤のなかで人気が高い「キムコ」の冷凍庫用商品です。こちらの商品は薄さ1.8cmのスリムタイプ。サイズが小さいので普通の冷凍室のみならず、庫内が狭い急速冷凍室などにも置きやすいでしょう。使用期間の目安は5~6ヶ月です。

7. 人気消臭剤の冷凍庫用!ユーザー評価が高い「脱臭炭 冷凍庫用」

ITEM

脱臭炭 冷凍室用 70g

¥249

商品サイズ:幅12×奥行き3×高さ8.3cm、成分:活性炭、備長炭、発酵アルコール(酒精)

※2019年11月28日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
先ほども紹介した「脱臭炭」の冷凍庫用タイプ。紀州備長炭のゼリー・シートで、しっかりと臭いを除去してくれます。ユーザーの評価も上々で、「刺身の生臭さもしっかりとれた」という声も。使用期間はキムコと同じく約5~6ヶ月です。

8. 使用期間が1年間と長め♪「ノンスメル 冷凍室用置き型」

ITEM

ノンスメル 冷凍室用置き型 3個入り

¥815

サイズ:幅10×奥行き13.1×高さ2.5cm、成分:ヤシガラ活性炭、備長炭、竹炭、両性界面活性剤

※2019年11月28日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
ヤシガラ活性炭、備長炭、竹炭という3つの炭を配合した消臭剤。また、揚げ物など冷凍食品の酸化臭に効く消臭粒も配合しています。こちらは使用期間が約1年間と長めなので、効果が長く続く商品をお探しの方におすすめです。

9. 医療現場・研究所用に開発!インテリアとマッチする「キャッチシューPRO」

ITEM

キャッチシューPRO 150g

¥1,477

サイズ:幅7.5×奥行き7.5×高さ7.5cm、成分:天然鉱物、有効期間:開封日から約3ヶ月

※2019年11月28日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
見た目がおしゃれで、化学物質不使用な消臭剤です。もともと医療現場や研究所用に開発された製品で、その効果はお墨付き。カラーはホワイト、ブラックの2カラー展開中で、詰め替え商品もあります。冷凍庫のほか、いろいろな空間とマッチするでしょう。

10. 冷凍庫、冷蔵室、野菜室に使用可能「冷蔵庫臭い汚れ吸着シート」

ITEM

冷蔵庫臭い汚れ吸着シート

¥880

サイズ:30×180cm、成分:シリカゲル、防虫ボナレックス不織布、セグロセラ抗菌剤、原着ポリエステル不織布

※2019年11月28日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
冷凍庫、冷蔵室、野菜室に使用可能なシートタイプの消臭剤。シート全面に炭脱臭剤、活性炭吸着剤、吸湿剤、抗菌防カビ剤が入っています。液だれをキャッチして悪臭を防げるので、ドアポケットの底に敷くのもおすすめ。使用期間は約6~8ヶ月です。

冷蔵庫用消臭剤でイヤな臭いを除去!家庭にあった消臭剤を選ぼう

冷蔵庫用消臭剤にはさまざまな種類があり、思わず目移りしてしまうかもしれませんね。置き型タイプなら気軽に使え、除湿や汚れ防止もしたいならシートタイプがおすすめです。こまめに掃除する習慣がある方は、スプレータイプもいいですね♪ とくに置き型タイプを選ぶときは、ご家庭の冷蔵庫の大きさ、冷蔵庫用・冷凍庫用など使用用途をチェックしましょう。使用する際は庫内環境にも気を配るようにすると、消臭剤の効果をさらに引き上げることができますよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS