買い時はココ!冷蔵庫の安い時期や買うべきタイミングとは?

価格の大きな冷蔵庫は、できるだけ安い時期に買い替えたいですよね。じつは冷蔵庫にはお得にゲットできる3つのタイミングがあるんです。そこで今回は、冷蔵庫の価格が下がるポイントをご紹介。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね。

2019年5月10日 更新

冷蔵庫を安く買うコツとポイント

シンクや冷蔵庫などのキッチン

Photo by Snapmart

8年から10年が寿命と言われる冷蔵庫。家族用冷蔵庫は最低でも10万円ほど、高機能な最新モデルだと20万円以上もする大きな買い物ですが、「新モデル発売時」「ボーナス前」「決算前」の3つのタイミングでお得にゲットすることができるんです。

上手にお買い物すれば数万円ほど節約できることもあるので、そろそろ買い替えどきかな?と思ったら、壊れる前に早めにチェックしておきましょう。

冷蔵庫が安い時期1. 型落ちが値下げされる「新商品の発売時」

競争が激しい家電業界は、新型モデルが続々と販売されます。メーカーから新型モデルが販売されるタイミングこそが、ひとつめの買い時ポイント。多くの場合、新型が出る前に型落ちになる商品を売りきりたいため、値下げがはじまります。

メーカーによってバラツキがありますが、冷蔵庫の新型が発売されるタイミングは10月から11月。つまり、9月ごろが狙い目です。人気のシリーズは値下げ開始直後に売り切れてしまうこともあるので、インターネットなどでこまめにチェックしておきましょう。

冷蔵庫が安い時期2. 値下げ交渉しやすい「ボーナス前」

ひとつめの狙い目ポイントは価格が自動的に下がるタイミングでしたが、2つ目の「ボーナス前」は、値下げ交渉しやすいタイミングとなります。なぜボーナス前に値下げ交渉がしやすいかというと、会社やメーカーの売り上げ目標が通常より高く設定されることが多く、お店側の「売りたい」という意欲が高いため。

企業によって違いますが、一般的なボーナスは6月下旬から7月上旬の夏のボーナス、12月中旬の冬のボーナスの2回。この時期は、値下げセールやポイント大還元などイベントがあることも多いので、値下げ交渉は苦手……という方も、チラシや広告をチェックしてみてくださいね。

冷蔵庫が安い時期3. 値下げ交渉しやすい「決算前」

決算前もボーナスと同じように値下げ交渉しやすいタイミングとなります。理由も同じで、決算時期は売り上げ目標を達成するために「売りたい」意欲が高まっているため。

企業によって異なりますが、家電量販店の多くが総決算月を3月としています。3月は大々的に「決算セール」が打ち出されますが、中間決算の9月も狙いどき。ビックカメラやコジマなど8月を決算月としているお店もあるので、いきつけの家電屋さんがいつ頃決算なのか覚えておきましょう。

時期をみはからって冷蔵庫をお得にGET!

奮発して新型の冷蔵庫を買ったのに、次お店に行ったら価格が下がっていた……。なんてことがあったらショックですよね。せっかく買うなら一番新しい型をと思うかもしれませんが、最近は高機能な冷蔵庫がそろっており、新型と比べてもそこまで大きな差はありません。

型落ち狙いと値下げ交渉の2つの技を組み合わせて、欲しい冷蔵庫をお得にゲットしちゃいましょう!
▼よろしければこちらの記事もご覧ください

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

donguri

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう