ライター : 青木貴子

管理栄養士

フードスペシャリスト・全米YOGAアライアンスRYT200時間修了。短期大学にて栄養士の資格を取得。卒業後、4年制大学に編入し、食に関する知識を深めました。その後、保育園の栄養士とし…もっとみる

イチゴの栄養はどんなものがある?

ビタミンC

イチゴに含まれるビタミンCは100gあたり62mgです。(※1) ビタミンCは皮膚や粘膜の健康を保持する働きのある栄養素です。また、体内でコラーゲンをつくる働きや抗酸化作用もあります。 体内で作ることができないので、食べ物からの摂取が必要です。水に溶けだしやすく、加熱により壊れてしまうため、調理の際は注意が必要です。(※2)

アントシアニン

アントシアニンはポリフェノールの一種で、抗酸化作用を持つ栄養素です。 免疫機能の低下や動脈硬化、老化などを引き起こす原因のひとつである活性酸素の働きを抑える作用があります。イチゴのほかにブルーベリーにも含まれていますよ。(※3)

タンニン

タンニンもアントシアニンと同様、ポリフェノールの一種で抗酸化作用を持つ栄養素で、活性酸素の働きを抑える作用があります。(※3) イチゴのほかに紅茶やウーロン茶に含まれることで有名です。

葉酸

イチゴには100gあたり90μgの葉酸が含まれています。(※1) 葉酸は赤血球の形成を助ける作用があります。また、胎児の正常な発育に必要な栄養素で、妊娠前から積極的に摂取することが推奨されている栄養素です。(※4) イチゴは手軽に食べることができ、後味もさっぱりしていることから食欲がないときにも無理なく食べられるのがうれしいですね。

イチゴの栄養は妊婦や子供にもおすすめ!

イチゴには胎児の正常な発育に必要な葉酸が含まれています。 葉酸は、妊娠を計画している一ヶ月以上前に通常の食事に加えて栄養補助食品から400μgの摂取をすることが望ましいとされています。しかし、葉酸はたくさんとれば良いというわけでもないので、1日1mgを超えないように注意しましょう。(※5) また、イチゴには抗酸化作用のある栄養素が数多く含まれています。抗酸化作用によって免疫機能の低下が抑えられるので風邪予防にも役立ちます。風邪をひきやすい子供にもぜひ食べてもらいたい食材です。(※3,4)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS